競泳の冨田が韓国で初公判「愚かなことをするはずがない」と否定

ざっくり言うと

  • 昨年の仁川アジア大会で、カメラを盗んだとして略式起訴された冨田尚弥
  • 12日の初公判で冨田は、「カメラを窃取した事実はありません」と無罪を主張
  • 「日本代表として出場し、愚かなことは行うはずがない」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング