岡崎のゴールに繋がったシュート…香川は「触ってくれて良かった」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第1戦が12日に行われ、グループDでは日本代表とパレスチナ代表が対戦。前半に遠藤保仁、岡崎慎司、本田圭佑の得点でリードした日本が、後半の開始早々にも吉田麻也が加点し、4−0で快勝した。

 試合後、ドルトムント所属のMF香川真司は、「飛び出していく姿勢というのは常に意識してました」と明かすと、「クロスの精度というのはもっと上げていかないといけないと思います」と課題も挙げた。

 チーム2点目は、香川のシュートに反応した岡崎が、ヘッドで合わせて生まれた。そのことについて香川は「一瞬パスを出すか迷う部分はありました」と、迷いを明かすも、「シュートをする意識を持っていたので、あそこはシュートを打つべきだと。その中で抑えて打つ事をイメージしたらいいコースに飛んでくれた」と説明。結局岡崎のゴールとなったが、「たぶん入ってないと思うので、結果的に触ってくれて良かったです」とコメントしている。

 また、コンディションについて問われると、「細かいミスがあるので、そこは修正していきたいです」と答え、「感覚としてはもっと上げていく必要があるのかなと思います」と向上を誓った。

 日本代表は、16日にグループステージ第2戦でイラク代表と対戦する。