快勝するもイラク戦に切り替えへ…遠藤「今日のゲームは忘れるべき」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第1戦が12日に行われ、グループDでは日本代表とパレスチナ代表が対戦。前半に遠藤保仁、岡崎慎司、本田圭佑の得点でリードした日本が、後半の開始早々にも吉田麻也が加点し、4−0で快勝した。

 試合後、ガンバ大阪に所属する遠藤は、初戦で4ゴール完封の快勝し、「白星でスタートできたのは非常にいいことだと思います」とコメントするも、「次勝てば、まずは予選をほぼ突破できると思うので、今日のゲームは忘れるべきだとは思います」と次戦に向けて切り替えるべきだと語った。

 同試合で先制点を決めた遠藤は、「先制点を取れればかなり状況は有利に働くと思うので、次の試合も先制点取れればね、より自分たちが狙っているようなサッカーができてくるんじゃないかと思います」とコメント。さらにインサイドハーフでのプレーについて、「前にいるんで、その分、ゴールへの意識を高く持ちたいなと思います」とし、「ペナルティエリア内でもしっかりとそういう仕事を増やしていけるようにしていければいいかなと思います」とさらなるゴールに意気込みを語っている。

 また、アジアカップ18試合目の出場を果たした遠藤は、同大会通算出場数で単独最多となった。遠藤は「もちろんうれしく思いますしね、これだけ長い間、代表にいない限りはそういう記録も抜いていけないと思うんで、非常にありがたく思います」と喜びと感謝を示すと、「やっぱりチャンピオンになりたいんで、まだまだその記録も伸ばしつつ、またみんなと喜び合いながらやっていければいいかなと思います」と連覇への意欲を語った。

 日本代表は、16日にグループステージ第2戦でイラク代表と対戦する。