プレイする人だれもが詩人になれるTVゲーム

写真拡大

『Halo』のマスターチーフが、詩人コールリッジのモノローグに進出する日はまだ遠い。しかし、ゲーム開発者のイチロー・ラムとジバ・スコットが手がけた『Elegy for a Dead World』によって、われわれは少しずつその日に近づいている。

「プレイする人だれもが詩人になれるTVゲーム」の写真・リンク付きの記事はこちら

Elegy for a Dead World』は、詩と TV ゲームとを組み合わせた異色のゲームだ。プレイヤーは、遠く離れた惑星や失われた文明を探検する道中で、詩文を作成する。

ゲーム内には3つの世界が用意され、27のステージが設けられている。それぞれが、パーシー・ビッシュ・シェリーの『Ozymandias』やジョン・キーツの『When I Have Fears That I May Cease to Be』、バイロン男爵の『Darkness』といった、イギリスのロマン主義の時代に書かれた詩をテーマにしている。

ステージが変わるごとにプレイヤーが操作するキャラクターも変化する。あるときは軍隊を率いて悲しい結末が待つ運命の決戦へ出陣する皇帝、あるときは爆撃を受ける街から逃げる女子学生という具合だ。

美しく描かれた世界をプレイヤーが旅する間、ストーリーを語るのは、画面上に表示される文字だ。しかし、その文字の多くは空白のまま残されている。ここでプレイヤーの内に眠るワーズワースの登場だ。想像力を膨らませ、物語を完結させるのだ。

冒険のあちこちで、プレイヤーはいくつかのスタイルに沿って詩文を書くことになる。表示されたフレーズの空白を埋める穴埋め問題だったり押韻2行連句だったり、あるいは本当に何を書いてもいい自由詩もある。


TAG

DesignGameHeadlineNewsPoetRecommendStory TellingWIRED US

『Elegy for a Dead World』は、ちょっとしたきっかけから生まれた。

ある日、イチロー・ラムとジバ・スコットは米マサチューセッツ州ケンブリッジにある仕事場の会議用テーブルで、工作用紙に詩から読み取ったイメージを描いていた。彼らは仕事仲間を呼び、彼が思いつくイメージと2人の絵とが同じものかどうか尋ねてみた。果たして彼は、2人のものとまったく違う詩の解釈をしていた。スコットが言うには、これこそがまさに、ピンときた瞬間だった。

「もし、誰もが思うままに物語を書けるものをつくることができたら、ぼくらの作品は本当に面白いものになる。そう感じました。ぼくらはすぐに作業に取りかかり、それからの1年間はこのアイデアの追求に費やしました」

『Elegy for a Dead World』の世界は、PlayStation 3用ゲーム『風ノ旅ビト』をどこか連想させる(thatgamecompany が手がけたこのゲームも、無心になれる魅力にあふれている)。色とりどりの広大な世界は、ロマン主義の画家、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの作品の世界観を引き出そうという狙いのもと、つくり出された。

elegy2

彼らが苦労したのは、プレイヤーたちにいかに詩を書かせるかという点だった。ロケットをつくっている科学者だって、「想像力豊かに何か書いてください」と言われても硬直してしまうはずだ。

「最も苦労したのは、みんなが安心して気持ちよくプレイできるようにすると同時に、書く意欲もわき上がってくるようにしなくてはいけなかったところです」と、スコットは言う。

トレードショーに初期ヴァージョンを出品するようになって、彼ら2人は「何がプレイヤーを硬直させるのか」がわかるようになった。初期段階で画面上に表示されているのは、ただ真っ白な石版だけだった。プレイヤーはどこから手をつければいいのか見当もつかず、自らの想像力のなさを突きつけられることになった。

この初期ヴァージョンはスコット曰く、「悪夢のような状況だった。ぼくらがつくっていたのは、みんなが自己嫌悪に陥るゲームだった」。

そこで2人は、シンプルなフレーズを表示することを思いついた。そうすることで、プレイヤーの自己表現を手助けできるのだとスコットは言う。

例えば「わたしは今日学校へ行きました。でも、あの人たちは______。」だとか、「パパは今日仕事を休みました。パパとママは______について話し合っていました。」だとか。こうした表示は、プレイヤーがもっと自由に手を動かせるようにする補助輪のような存在だ。

表示されるフレーズのなかには文法的におかしなものもあるが、これも狙いのうちだとスコットは言う。こうすることで、強いられているような雰囲気が和らぎ、プレイヤーはよりゲームに没頭しやすくなる。

また、『Elegy for a Dead World』のストーリーを自ら書き上げたあとは、プレイヤーは実際に自分の物語を印刷して、手にとって読むことができる。

「ぼくは自分の『Elegy for a Dead World』を20ページの大判フルカラーで印刷した豪華本を持っていますよ」とラムは言う。「物語は印刷できます。そうすると突然、自分と友達が語り合える作品に様変わりするんです」。

TAG

DesignGameHeadlineNewsPoetRecommendStory TellingWIRED US