長谷部誠、アジアカップ初戦で快勝するも「誰1人満足してない」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第1戦が12日に行われ、グループDでは日本代表とパレスチナ代表が対戦。前半に遠藤保仁、岡崎慎司、本田圭佑の得点でリードした日本が、後半の開始早々にも吉田麻也が加点し、4−0で快勝した。

 試合後、フランクフルト所属のMF長谷部誠は、初戦を勝利で飾るも「試合通して言えば、まだまだ満足できるレベルのゲームはしてないです」と振り返ると、「ロッカールームの雰囲気見てても誰1人満足してないというか、もっと点取れたと思う」と他の選手たちの様子も明かし、「次のゲームは全く別物になると思うので、そこは切り替えてやっていきたいです」と次戦を見据えた。

 試合内容について長谷部は「特にゲームがほぼ決まってる中で、やはり小さなミス、僕個人も含めてですけど、ホントに多かった」とし、4点リードを獲得した後にミスが多く、得点を重ねることができなかったことに不満を示すと、「もしかしたら最終的に得失点差で決まるかもしれないし、そういうところでは試合を通してしっかり集中してやりきるって部分ができなかったのかなとは思います」と反省点を挙げた。

 さらに後半について、「なかなかアイディアが出なかったりとか、ホントに少しトラップが大きくなってしまった場面っていうのは何回もあった」と強調し、「そういう精度を求めていかないといけないと思います」と次への課題を語っている。

 最後に長谷部は「まだこれからが本当の相手かなって気もするし、もちろん勝てたことはよかったですけど、とにかく切り替えてやるのが一番大事かなと思います」とコメントし、次戦に向けて気を引き締めた。

 日本代表は、16日にグループステージ第2戦でイラク代表と対戦する。