写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2014年4月〜9月に放送されたボンズ制作のTVアニメ『キャプテン・アース』に登場するロボット「アースエンジン・インパクター」がプラモデル化され、2015年5月にコトブキヤより発売される。価格は7,344円(税込)。

「アースエンジン・インパクター」は、地球側のキルトガング迎撃用兵器の有人インパクター。アースエンジン・オーディナリーをコアとして、脚部になる「EEE01」、腹部と腕部になる「EEE02」、頭部と胸部になる「EEE03」が合体し、全高約50mのインパクターとなる。主人公の真夏ダイチが登場し、キルトガングと戦った。今回はデザイナー・コヤマシゲト氏が完全監修し、造形・可動において高い次元で立体化される。

実際のキットでは、特徴的な表情平手が両手分、腕部キャノン砲展開パーツ、胸部バルカン砲展開パーツが2個ずつ付属。「アースエンジン・インパクター」の中枢ユニット「アースエンジン・オーディナリー」も付属し、四肢は軸可動する。また、最終話ラストバトルで使用した頭部砲を差し替えで再現できるほか、劇中には登場しなかった特殊ギミック腕部ビームブレード・パーツも同梱。専用ベースもあり、劇中のさまざまなアクションポーズを楽しむことができる。商品サイズはノンスケールで、約180mm。

商品価格は7,344円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2015年5月を予定している。また「コトブキヤオンラインショップ」の限定特典として「オープニングイメージ メッキパーツ」が付属する。

(C)BONES/キャプテン・アース製作委員会・MBS