4発快勝に安堵のアギーレ監督「観客が喜ぶようなゲームになった」

写真拡大

 AFCアジアカップ・オーストラリア2015が12日に行われ、日本代表とパレスチナ代表が対戦した。

 MF遠藤保仁のゴールで先制すると、FW岡崎慎司、FW本田圭佑が追加点を奪いリードを広げる。後半にもDF吉田麻也のヘディングシュートが決まり、4−0で勝利を収めた。

 ハビエル・アギーレ監督は、「点差はあったが楽なゲームではなかった。かなり強い風があったので、両チームにとってプレーしにくかった」と試合を振り返り、「両チームとも意欲的にプレーして、観客が喜ぶようなゲームになったと思う。もちろん修正点はあるが、勝ち点3を取れたことは良かった」と勝利には満足感を示した。

 日本代表は、16日にグループステージ第2節でイラク代表と対戦する。前々回王者との対戦に向けて、「非常に難しいゲームになると思う。ただ、まずは初戦を勝ち取ることができて良かった」と語っている。