ゴールラッシュで白星発進、本田「次の試合も先制点が非常に大事」

写真拡大

 AFCアジアカップ・オーストラリア2015が12日に行われ、日本代表とパレスチナ代表が対戦した。

 MF遠藤保仁のゴールで先制すると、FW岡崎慎司、FW本田圭佑が追加点を奪いリードを広げる。後半にもDF吉田麻也のヘディングシュートが決まり、4−0で勝利を収めた。

 本田は試合後、「立ち上がりにいい形で先制点を取れたので、こういう4−0という結果に繋がったと思います」と勝利を喜びながらも、「チームとしてやろうとしていることが明確になっているのは非常にいいこと。ただ、質という部分ではまだまだ改善していかないといけない部分がたくさんあったので、そのミスを減らしていきたいです」と課題を口にした。

 右サイドのDF酒井高徳との連係については、「日に日に良くなっているし、もっと高徳の良さを引き出していければと思います」とコメント。早い時間帯で選手交代ができたことは、「精神的に非常に楽になる。試合運びで先手を取れるし、みんなリラックスしてプレーできていたんじゃないかと思います」とチームにとってのプラス面を語り、「そういう意味では、次の試合も先制点が非常に大事になってくるなと思います」と、改めて先制点の重要性を説いた。

 日本代表は、16日にグループステージ第2節でイラク代表と対戦する。本田は「厳しい試合が待っているので、慎重に入りたいと思います」と気を引き締めた。