和島英樹氏
2012年末から続くアベノミクスによる上昇相場は現在も継続中。しかし、この上昇相場に乗り遅れ、指をくわえて眺めているだけしかない人も多いはず。今から参入するのでは遅いのか? いや、そんなことはない。これから仕込んでも、まだまだ上昇余地十分のお宝株がマーケットには眠っている! そんな10倍期待株がこれだ!!

◆上昇相場の波に乗り遅れるな!

「老舗のキッコーマンが好調で今の良い状態がそのまま続けば、さらなる株価上昇も望めそうです」

 そう力強く話すのは、ラジオNIKKEIの記者、和島英樹氏だ。その読みどおり、キッコーマン株は昨年初来高値を更新中と絶好調。何が要因なのか?

「消費税8%の影響で国内はマイナス決算でしたが、しょうゆ文化が世界に浸透したこともあり、今や同社の売り上げの7割は海外が占めています。そして、こちらは増収増益と絶好調でした。海外シフトに加え、為替が円安なのも功を奏していますね。PERは39倍と少々高めの数値ですが、上昇基調なので買いでいいでしょう。地合いは決して悪くないですから」

 また、岩谷産業、鉱研工業も買い判断で問題ないという。

「岩谷産業は昨年7月にチャートに火がつきましたよね。理由はもちろん、燃料電池自動車の報道があったから。12月にもトヨタ自動車から一般向けの販売が開始されました。水素ステーション配備は国策と言ってもよい、’15年も株価は上昇するでしょう。ボーリングマシンの鉱研工業は当初、減益の予想だったものの海外の売り上げがよかった。完成工事高が大幅に増加したことにより、売上高は昨年の第2四半期に比べ13.5%も増加しました。結果的に通期の業績は上方修正されて株価も伸びたわけです。東京外環道やリニア中央新幹線など、今後もトンネルのボーリング工事が多発するというストーリーは変わりません。株価は引き続き上昇と見て問題ないです」

 ’15年話題の銘柄を保有し、10倍株になるのをじっくり待ちたいところだ。

◆’15年以降の本命はバイオ関連に妙味アリ!?

 堅調な成長銘柄もいいが、ここはやはり10倍株の特大ホームランも狙いたい。和島氏はバイオ株に注目と言う。

「11月25日に再生医療新法が施行されました。これは画期的な法律で、これまで日本の新薬は認可が下りるまで非常に時間がかかった。そのため、日本の創薬ベンチャーは研究開発のスピードで世界からかなり後れを取っていたんです。しかし、今回の施行でそのフェーズが劇的に短くなりました」

 そんな状況で出てくる銘柄は?

「筆頭はタカラバイオです。免疫細胞の再生医療を行っていますが、実現できればガンの治療法に、“放射線を当てる”、“切る”、“薬を飲む”以外の4つ目の“免疫細胞”という選択肢が生まれる。こちらは今後に期待して長期的なバイ&ホールドでもOKです。そのほかでは、リプロセルやオンコセラピーサイエンスですね。基本的に“創薬”を行っているところが、新薬承認までの時間が早くなり、収益化のプロセスが早くなる。創薬ベンチャーは、これから10倍株の夢が見られる銘柄だと思います。とはいえ、期待感ゆえ値動きも激しいので注意も必要です」

 不老不死は人類の夢。バイオという夢を買って大きく資産を伸ばせ!

【キッコーマン】(東1・2801)
2922円/1000株
最低購入金額:292万2000円
目標値:3500円
買い時額:2800円台
損切り:2700円台

【グラフ】はコチラ⇒http://hbol.jp/?attachment_id=19048

しょうゆメーカーとしては最大手で国内シェアは約3割。現在は海外の売上比率が高く、北米での和食人気を追い風にして業務用のしょうゆが非常に伸びている。国内は消費増税によるマイナスがあるが、高価格しょうゆの「いつでも新鮮」がCM効果や商品拡充で生産数は増加している。通期では最高純益を更新しており、年初来高値も更新中。上昇トレンドにあるときは、素直に乗るべし