あなたの進路は人工知能が決める

写真拡大

アメリカの大学で、人工知能による、進路アドヴァイスが始まっているのをご存じだろうか。分厚い講義の一覧のなかから、自分が興味を持てる講義を選び出す…。そんな光景がすでに過去のものになりつつある。NHKスペシャル「NEXT WORLD」取材班は、24,000人の学生が人工知能によるアドヴァイスを受けているというメンフィス大学を訪れ、実際の進路選択の現場を取材した。

「あなたの進路は人工知能が決める」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIRED、取材成果を独占公開!
1月3日からNHK(総合)にて放送されているNHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」。シリーズ5回の放送で紹介されるのは、科学やテクノロジーの進展によって実現しうる、夢物語ではない未来の姿だ。『WIRED』では、番組の取材班が行った世界中の研究者や企業への広範な取材成果を、15回の連載記事として公開する(記事の一覧ページ)。
※次回の放送は、第3回「人間のパワーはどこまで高められるのか(仮)」(NHK総合。1月24日〈土〉21時より放送予定)

米メンフィス大学に通うタイラーは、2015年の秋に卒業を控えるごく普通の大学生である。入学がやさしく卒業が厳しいといわれるアメリカの大学の学生なら誰でもそうであるように、彼もまた卒業に向けてどんな科目をとったらいいか、検討することに余念がない。

ある日、タイラーは最後の1年間にどのような科目を履修すればいいか相談するため、進路アドヴァイザーの部屋を訪れた。タイラーは取りたい科目として、あらかじめ自分で調べ、興味をもった「人間と神」「スペイン語」「警察行政」などを挙げた。するとアドヴァイザーを20年以上続けてきたカレン・サーモンドは、手元にあるパソコンのキーボードを操作しながらこう告げた。

「ディグリー・コンパスのシステムは、人文学の分野であなたに最もふさわしい『児童文学』の履修を勧めています。『スペイン語』はリストにあるので、あなたに有益ですが、希望する『人間と神』はおすすめリストには見当たりません。『刑事司法』は、これ以上履修する必要はないと出ているので飛ばしましょう」

いま、アメリカやカナダの大学で人工知能による進路予測の導入が次々とスタートし、利用者は数百万人にも及んでいる。メンフィス大学で使用されている「ディグリー・コンパス」(Degree Compass)は、学生が履修する前からよりよい成績を取れる科目を予測する人工知能システムのひとつだ。

高校時代の成績、大学入学試験のスコア、ACT(American College Test)やSAT(Scholastic Assessment Test)など大学進学の指標となるテストの成績、大学入学後の科目ごとの履修実績や成績など、学生個人に関するあらゆる情報がインプットされている。そのうえ、個別の学生の遂行能力、科目の特性などをディグリー・コンパス自身が学習し、同様の傾向をもつ学生と比較する。その膨大なデータをもとに、個別の学生に履修すべき科目と成績の予測を提供する。


TAG

AIBig DataEducationFutureNext World
150112degree01

進路カウンセリング中のカレン(右)とタイラー。©NHK 2015

自分自身でも気づかない「適性」

大学には膨大な科目がある。それは学期ごとに変わり、学生が1つひとつの内容を知る手段は少ない。満足に理解できていない状態で適当な科目を選択しても、それが正しい選択かどうかは保障されない。不幸にも単位を取得できず、卒業できないケースが後を絶たないという。

相談を受ける進路アドバイザーについても同じことが言える。メンフィス大学には24,000人の学生が在籍しているが、3,000にも及ぶ科目のなかから、個々の学生すべてに最適な科目を提示するのは簡単なことではない。

その点、ディグリー・コンパスでは大学が提供している数千の科目から、それぞれの学生に適性がある可能性が高い科目を20科目程度に人工知能が絞り込み、科目ごとにどの程度の成績が取れるかを事前に予測し、学生の選択を助けるのだ。

例えば、同じ歴史学でも「世界史」「アメリカ史」「テネシー州史」「女性史」など多様な科目があるなか、学生は選択する明確な基準をもっていない。何となく興味を惹かれるかどうか、科目についての“噂”だけだ。そこに、成績の事前予測という示唆を与えるのだ。

タイラーの進路アドバイスを続けたカレンは、ディグリー・コンパスが推奨する科目をさらに挙げていった。それは、一見すると何の脈絡のない科目だった。

「あなたが望んだ『人間と神』と共通している科目に『旧約聖書』や『ブラジル短編小説』があります。これらは、あなたが良い成績を取ると予測する科目です。考えてみてください」

面談を終えたタイラーは次のように語った。

「ディグリー・コンパスは考えもしなかった『児童文学』『旧約聖書』『ブラジル短編小説』などの科目をすすめてきました。僕は『旧約聖書』を履修するつもりです。その他の科目についても検討するでしょう」

誰だって落第したいわけではない

ある学生が、ディグリー・コンパスに「アメリカ史」を選択することを推奨されたとする。「推奨」の場合は、5段階評価で星が4〜5つあるということだ。その学生が「アメリカ史」を履修すると、単位が取得できる成績を取る確率は80%に上る。

もちろん、ディグリー・コンパスが推奨しなかった科目を選択したいと考える学生もいる。そのときの結果は、基本的には予測通り落第してしまう可能性が極めて高い。なかには懸命に努力して単位を取れた学生もいるが、その確率は年に9%しかいない。予測はかなり正確だ。カレンによれば、実際、このシステムを導入した結果、メンフィス大学では落第者が目に見えて減ったという。

「わたしたちが使用すればするほど、人工知能も学習するのです。学生がどのような結果を出したかを学ぶにつれて不正確な予測はもっと減るでしょう」

タイラーも、一時の興味でとった科目が原因で落第してしまうことを避けられるのは、学生にとっても望ましいと話す。

「ディグリー・コンパスは、ときどきまったく興味を感じないコースを提示しますが、間違いを起こすのも人間です。自分に合ったコースを推奨してくれるのは非常に助かります」


TAG

AIBig DataEducationFutureNext World
150112degree02

ディグリー・コンパスが推奨する科目。最上段に「Children’s Literature(児童文学)」とある。©NHK 2015

就職先は自分で決める? それとも…

ディグリー・コンパスの開発会社デザイアートゥラーン社では、将来的にその人に会う職業や必要な能力なども予測することを目指している。CEOのジョン・ベイカーは将来のキャリアの選択やそのための準備を生涯に渡って支援できる人工知能を開発したいと考えているという。

「わたしたちは、学生が学んでいる科目から、将来の潜在的なキャリアパスを列挙できるようにしたいと考えています。社会に出るとき、自分がそのキャリア進路を外れないように成功し続けるのは非常に重要です。なぜなら人生のあらゆる決断の場面において、軌道を外れないように助けてくれるコーチはいないのですから」

進路アドバイザーのカレンも、近い将来、職業や年収予測までできるような、一歩進んだソフトウエアが間違いなく大学に導入されるだろうと語る。

「それは『MY FUTURE』と呼ばれるソフトです。特定の職業に対する経歴や統計的資料、賃金情報、求人、雇用情報などについての情報をまとめたものです。その情報を利用して学生と職業をマッチさせるのです。あるいは、自分では考えたこともない仕事に就く可能性もあるかもしれません。このソフトができれば、大学から仕事の世界への移行をより確かに手助けできるのです」

人工知能が導く人生はいったい何をもたらすのだろう。われわれの問いにカレンはこう語った。

「将来はわたしたち自身がますます高度に学んでいくことを求められます。学位の取得から人生の目的の完成まで、人工知能は、学生と大学双方にとって、より良いゴールに導いてくれるものなのかもしれません」
 
ディグリー・コンパスやまだ見ぬMY FUTUREといったシステムが落第や失敗を過去のものにし、わたしたちの人生設計について大きな役割を果たす未来も近いのかもしれない。

2015年1月3日放送開始!
NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」

最先端の研究を続ける世界の科学者、企業などへの取材と、その研究をもとにつくられた近未来ドラマで構成。5回にわたり、ビジネス、医療、エンターテインメントなどの分野で日々出現する新たなテクノロジーをかみ砕き、紹介する。さらに、番組のテーマ音楽を手掛けるサカナクションが最先端の映像技術を駆使したライヴを行い、ライゾマティクスの設計による番組ウェブサイトとも連動して展開する予定(番組公式サイト)。WIREDでは、取材班が追った内容を独占公開、全15回の連載記事をお届けする(記事の一覧ページ)。
全5回の放送内容
第1回 放送終了
「未来はどこまで予測できるのか」
第2回 放送終了
「寿命はどこまで延びるのか」
第3回 2015年1月24日(土)
「人間のパワーはどこまで高められるのか(仮)」
第4回 2015年1月25日(日)
「人生はどこまで楽しくなるのか(仮)」
第5回 2015年2月1日(日)
「人間のフロンティアはどこまで広がるのか(仮)」

TAG

AIBig DataEducationFutureNext World