実質2000円で特産品ゲットのカラクリとは?  ふるさと納税のやり方&1月のオトク特産品を公開!

写真拡大

ふるさと納税がオトクなのは誰もが知るところだが、どうすれば寄付金が戻るのか、そのお金はいつ戻るのかあやふやな人が多いのでは? そのギモンにザイがズバッと答えつつ、1月に狙い目のふるさと納税のお礼特産品を紹介します。

最大限トクをするためには
まずは寄付額の上限を知ること!

 実質2000円の自己負担で、日本全国の特産品がもらえると大好評の「ふるさと納税」。納税という名称だが実態は地方自治体への寄付だ。

 2000円の負担でいいというのは、寄付金控除というしくみを使って税の軽減を受けられるから。つまりこの制度は納税者であることが前提。収入がない専業主婦などは対象外なので注意しよう。

 また控除を受けられる寄付金額は青天井ではないことも要注意。税の軽減であることから察しがつくとおり、寄付額分が戻る上限は納税額、すなわち収入や家族構成により異なる。大まかな目安は上の表のとおり。上限をオーバーすると自己負担額が2000円より多くなっていく。 

 今年、ふるさと納税をしたら、どれくらいのお金がいつ戻るかをシミュレーションしたのが上の年表だ。まず、15年のスケジュールを立てる。最も効率がいいのは上限枠いっぱいに寄付をすること。特産品を眺めながら、いつ何をもらうか計画を立てよう。

 枠いっぱい寄付をして特産品をもらったら、翌年の確定申告に備えよう。上の年表では15年に寄付をして、16年3月までに確定申告をする例を紹介しているが、14年にすでにふるさと納税をしている人は、15年から確定申告を始めよう。

 申告が済めばお金が戻ってくるのを待つだけ。所得税と住民税の2つの税から取り戻す。15年に行なうふるさと納税分は16年春に所得税から還付金が戻り、その後16年6月〜17年5月にかけ住民税の減額という形で取り返すことになる。

1月のふるさと納税の特産品としては
エビやカニがまさにベストの狙い目!

 ふるさと納税の仕組みがわかったところで、いよいよ実際にふるさと納税をしてみよう。1月の特産品の狙い目としては、エビやカニがオススメだ。エビやカニと一言で言っても、その種類は高級品が揃う。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)