2015年は1秒長いため、6月30日に時計が1秒停止することが判明

ざっくり言うと

  • 2015年は、史上26回目の「閏秒」を迎える
  • 6月30日23時59分59秒以降、1秒間停止する
  • 地球の自転の減速が原因となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング