松山英樹、連日の“66”で首位に浮上!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 3日目◇11日◇カパルア・リゾート(7,411ヤード・パー73)>
 新年初戦となる「ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の3日目。2日目に“66”をマークし1打差の5位タイにつけた松山英樹は、この日も8バーディ・1ボギーでラウンド。2日連続で“66”をマークし通算17アンダーの首位タイに浮上した。
3日目の松山英樹の結果は!?リーダーボードをチェック!
 前日と同じくボギー発進となった松山だが、その後5番で取り返しスコアを戻すと7番から3連続バーディを奪取。さらに後半でも13番から再び3連続バーディを奪い首位を捉えた。さらに最終18番ではもう少しでチップインイーグルというアプローチで楽々バーディフィニッシュ、最高の位置で3日目を終えた。
 また、松山と並び通算17アンダー首位タイにはジミー・ウォーカー(米国)がつけた。続く通算15アンダー3位にはパトリック・リード(米国)とべ・サンムン(韓国)の2人。さらにラッセル・ヘンリー(米国)とブレンダン・トッド(米国)が通算14アンダーで5位タイとした。
【3日目の結果】
1位T:松山英樹(-17)
1位T:ジミー・ウォーカー(-17)
3位T:パトリック・リード(-15)
3位T:べ・サンムン(-15)
5位T:ラッセル・ヘンリー(-14)
5位T:ブレンダン・トッド(-14)
7位T:バッバ・ワトソン(-12)
7位T:ロバート・ストレブ(-12)
7位T:スコット・スターリングス(-12)
10位:ザック・ジョンソン(-11)
<ゴルフ情報ALBA.Net>