真価が問われるアジア杯、武藤嘉紀「勝利のために泥臭く走りたい」

写真拡大

 日本代表は12日、オーストラリアで開催されているアジアカップの初戦を迎える。前日の11日には、試合会場のニューカッスル・スタジアムで練習を実施。降雨の中、冒頭15分以外は非公開で行われた。

 日本代表として初の公式戦を前にした武藤嘉紀は、練習後に「日本の勝利のために、監督の求めることをこなし、泥臭く走りたい」と意気込んだ。

 先発出場や途中投入もあり得るが、気持ちに揺らぎはない。「優勝するために、どれだけ貢献できるか。個人としても結果が求められ、真価も問われる」と口にする。

「緊張は全然なく、本当に楽しみ」と語る一方で、「結果を出せば自信にもなると思うで、貪欲に結果を求めていきたい」と気合は十分だった。

 日本代表はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。