スズキは発売前の軽自動車を早くもカスタマイズ

写真拡大 (全5枚)

 1月9〜11日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されていた最新カスタムカー(改造自動車)の祭典「東京オートサロン2015」が、盛況のうちに幕を閉じた。

 今年は大手自動車メーカーやチューニング専門メーカーなど414社が出展し、史上最大規模となる879台の「特別仕様車」がズラリと並んだ。

 当サイトが注目したのは、軽自動車メーカーのスズキだ。今年の3月に発売が予定されている「アルト」の新型(ターボRS)を早くもカスタマイズした車を展示。まだ性能や価格の詳細が発表されていないだけに、興味津々に車体を眺める来場者が多かった。

 例年、華やかなカスタムカーをさらに引き立たせるコンパニオンも見どころのひとつ。チューニングされたホイールの色に揃え、鮮やかな赤のブーツで現れたスズキのコンパニオンほか、会場で見つけたスタイル抜群の美人コンパニオンたちを紹介しよう。

●撮影/渡辺利博