松山英樹、この日ベストスコアタイで1打差に!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目◇10日◇カパルア・リゾート(7,411ヤード・パー73)>
 昨日、開幕した米国男子ツアー2015年初戦「ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の2日目。初日18位タイとした松山英樹は、この日8バーディ・1ボギーの“66”をマーク、通算10アンダーまで伸ばし5位タイに急浮上した。
2015年初戦2日目の結果は?リーダーボードでチェック!
 この日3アンダーからスタートした松山英樹は出だしの1番でボギーを叩いてしまうが、5番で取り返しスコアを戻すと、7番、さらに9番でバーディを奪い前半を折り返す。後半では立ち上げり10番で連続バーディを奪うと11、12番でも立て続けにバーディを奪取。4連続バーディで一気にスコアを伸ばした。その後も16番、そして最終18番をバーディで締めてこの日7つ伸ばしホールアウト、首位に1打差まで迫った。
 首位に立ったのは通算11アンダーにつけたザック・ジョンソン、ジミー・ウォーカー(米国)、ラッセル・ヘンリー(米国)、べ・サンムン(韓国)の4人がつけた。1打差の通算10アンダー5位タイには松山の他にチャーリー・ホフマン(米国)、パトリック・リード(米国)ら4人が並ぶ。通算9アンダー10位にはスコット・スターリングス(米国)がつけた。
【2日目の結果】
1位T:ザック・ジョンソン(-11)
1位T:ジミー・ウォーカー(-11)
1位T:ラッセル・ヘンリー(-11)
1位T:べ・サンムン(-11)
5位T:松山英樹(-10)
5位T:チャーリー・ホフマン(-10)
5位T:パトリック・リード(-10)
5位T:ブレンダン・トッド(-10)
5位T:ロバート・ストレブ(-10)
10位:スコット・スターリングス(-9)
<ゴルフ情報ALBA.Net>