韓国と中国、ウズベクが白星発進…全て1点差の接戦/アジア杯第1節

写真拡大

 9日に開幕したAFCアジアカップ オーストラリア2015。大会2日目の10日には、グループAとBの第1節3試合が行われた。

 グループAでは、韓国代表とオマーン代表が対戦。前半終了間際にチョ・ヨンチョルが挙げた1点を守りきり、韓国代表が1−0で勝利を収めた。グループAは、9日の開幕戦でクウェート代表に4−1で快勝したオーストラリア代表と韓国代表が白星発進となった。

 グループBは2試合が開催。ウズベキスタン代表と北朝鮮代表の一戦は、61分にイゴール・セルゲーフが決勝点を挙げ、ウズベキスタン代表が1−0で勝利を収めた。また、サウジアラビア代表と中国代表の対戦では、サウジアラビア代表がPKの決定機を活かせず、スコアレスで迎えた79分に中国代表がセットプレーから先制点。1−0で中国代表が勝利を収め、白星スタートを果たした。

 10日に行われたアジアカップ・グループリーグ第1節の結果は以下の通り。

▼グループA
韓国代表 1−0 オマーン代表

▼グループB
ウズベキスタン代表 1−0 北朝鮮代表
サウジアラビア代表 0−1 中国代表