爆騰株を的中させた「目の付け所」って何だ?
2014年の爆上げ銘柄といえばミクシィの印象が強かったが、お宝のタネはまだまだあった! 凄腕投資家の「仕込みの技術」とは?

◆大化けポテンシャルを秘めた[上場ゴール株]を、4〜5銘柄厳選して分散投資せよ

【キクチ氏】
サラリーマン投資家。大学生だった’02年に70万円で投資デビュー。’09年、上場廃止が決定したOHT株に700万円を投じて6000万円に増やした武勇伝を持つ。保有銘柄は少数精鋭主義

投資歴:’02年から12年間
手法:中長期投資
主な監視銘柄:山王ほか

 厳選した銘柄を4〜5つ保有するという少数精鋭主義を貫く、サラリーマン投資家のキクチ氏。今年は週刊SPA!(2月25日号)とマネー誌YenSPA!夏号にご登場いただいたが、前者でオススメしてもらった「山王」と「アイティメディア」はその後、掲載時から1.5〜2倍に。後者で一押しだった「ディジタルメディアプロフェッショナル(以下DMP)」は、なんと15倍にまで急騰した。

【グラフ】はコチラ⇒http://hbol.jp/?attachment_id=18834

 銘柄選びのポイントは極めてシンプルで「上場直後に高値をつけて、その後は長期低迷中」であること。チャートの形を揶揄して「上場ゴール株」とも呼ばれる銘柄が、何かのキッカケで過去の栄光を取り戻したかのように高騰するタイミングを待つのだ。

「昨年、大きかったのはアイティメディアですね。ソフトバンク系列のITニュースサイト大手で、同グループが株式の6割を保有している点に注目していました。少数特定持株比率が高く、市場に出回っている株が少ない銘柄は、一度火がついたときの値動きも大きい。一昨年から厚めに買い続け、平均単価360円で11万株ほど取得していました」

 これが、今年の9月頭には1100円超え。中国のアリババ上場に伴って関連会社であるソフトバンクとその系列銘柄に人気が集中したためだ。800円あたりで思い切りよく全株売却し、約4000万円のプラスに。

「正直、アリババ特需というシナリオは考えてなかったんです。想定外のシナリオで値上がりしたときは売るに限る――がモットー。一方で、DMPについては悔いが残ってますね。600円前後で推移していたのが、画期的なIPコアを開発したというニュースが注目された途端、ストップ高が何度も続いて1600円あたりで落ち着いた。この時点で売ってしまったのが、その後9000円に……(苦笑)」

 アイティメディアを売却した9000万円で、より割安な小田原機器と大崎エンジニアリングを新たなポートフォリオに加え、すでに保有していた山王と共同ピーアールを買い増し。山王株については、純資産が豊富なこともあり、継続保有してさらなる値上がりを待つことに。このように、少数精鋭メンバーを適宜入れ替えていくのがキクチ氏のメソッドだ。2015年もこの手法に変わりはないと言う。

「日経平均が2万円行くかと言われると、そんなことはないでしょう。1万7000〜8000円あたりで平行線が続く中で、これまで買われていない銘柄が物色されるはず」

 続けて、PBRが1倍を大きく下回るような割安株は減るだろう……とも。

「そんな中、注目すべきは『赤字が続いているが、純資産は十分にある』銘柄。さらに『配当や優待がない』という点も重要。配当や優待が出ると、赤字が続いていても株価は維持されるので大底まで下がらない。逆に、黒字に転換したときも、配当や優待目的で買っている人が多いため、高止まりしている株価に対して黒字転換のインパクトは薄く、株価が動きにくいんです」

【2015年必勝戦略】
赤字銘柄に注目し、黒字に切り替わるタイミングを捉えよ!

◆スクリーニング法

・チャートの形が「上場ゴール」
・純資産倍率が低い