マイクロソフトは8日、毎月リリースするセキュリティ更新プログラムの内容を主に大規模な組織に対して、事前に情報提供するためにブログやWebページで行われてきた「事前通知(ANS)サービス」を廃止すると発表した。

 今後、同サービスは、同社のプレミアサポートを利用する顧客、およびセキュリティプログラムに関係する現行の組織に対してのみ直接通知されることになる。

 「事前通知(ANS)サービス」は、毎月第二火曜日(アメリカ時間)に更新されるセキュリティ更新プログラムについて、事前にその内容を通知するために10年以上前に始められた。しかし、最近では同サービスを利用するよりも「Microsoft Update」や「Windows Server Update Service」などのセキュリティ管理ツールの利用が増加したことや、継続的な更新が提供されるクラウドベースのシステムへ移行する顧客の増加によって、今回のブログやWebページでの通知の利用が減少し廃止の決定に至ったとしている。

 なお、プレミアサポート契約を利用していないが、同サービスは利用したいという顧客に対して、同社は「myBulletins(英語情報)」を利用するようにすすめている。「myBulletins」では、顧客がインストールし実行されているアプリケーションのセキュリティ情報が掲示される。