キッチンスギモト「松阪牛ステーキと黒毛和牛ローストビーフの恵方巻」

写真拡大

東武百貨店池袋本店(東京都豊島区)は、2015年1月8日から恵方巻の予約受け付けを始めた。約400グラムの松阪牛ステーキの入った豪華なものから、かまぼこで作った変わり種まで約100種類が展開される。

すき鍋風やかまぼこを使用した、ひと味違う個性派も

注目は、東武企画品として製作された1万円以上の恵方巻2種類。

キッチンスギモト「松阪牛ステーキと黒毛和牛ローストビーフの恵方巻」は、霜降り松阪牛サーロインステーキ約400グラムと黒毛和牛ローストビーフ約200グラムにベビーリーフをアクセントに加え、豪快に巻いた商品。サイズは長さ18×直径12センチ。価格は1万2960円と、14年の最高額1万1550円を上回った。

鮮魚店、魚力の「海鮮巻」は、伊勢海老、茹たらばがに、生うに、ツナプリンセス(大トロ・中トロ・赤身)、いくら醤油漬、真鯛、かんぱち、ぶりが入った豪華な海鮮恵方巻き。サイズは長さ18×直径9センチで、価格は1万円。

このほか、すき鍋風やかまぼこを使用したひと味違う個性派の恵方巻や、子どもや女性が食べやすい直径4センチほどの商品。恵方巻そっくりのロールケーキや和菓子、サンドイッチなども販売される。