Brewbotの若者たちが開発しているのは、自家製でビールをつくる機械だ。スマートフォンのアプリでビール製造を管理して、オンライン・コミュニティで他のアマチュアビール職人たちとつながることができる。

「ビールを「民主化」するスタートアップ、Brewbotの挑戦」の写真・リンク付きの記事はこちら

サンフランシスコより──彼らはスタートアップというよりは、「共同体」だ。

Brewbot社を立ち上げたメンバーが自分の家でビールをつくる方法を考えようと思ったのは、「ハイネケンよりもいいビールが手に入らない都市があることを知った」のがきっかけだったという。

彼らがつくり出したのは、洗濯機サイズのマシン「Brewbot」だ。ホップや大麦、酵母のような原料と説明書とそのマシンとが、各家庭に届けられる。容器中の水温のコントロールは、スマートフォンを通して行う。マシンにはセンサーがいくつか備わっていて、いつ次の段階の操作を行えばいいかを教えてくれる。

1年前、テック業界での経験とアマチュアビール職人の心と併せもつ若者たちがこのプロジェクトを開始した。まずは、Kickstarterでのファンド募集から始め(実際に10万ドル以上の資金が集まった)、いま彼らは、ヨーロッパとアメリカでマシンを発売する準備をしている。

彼らのコンセプトは、「ビールを民主化すること」だ。そしてこれは、ごく自然なプロセスに則っていることに気づかされる。

例えば、クラフトビールは、長距離輸送されると固有の味が損なわれがちだ。Brewbotがあれば、各地域で製造し、そのエリアで手に入る原料でビールをつくることができる(ひとつ例を挙げるなら、シチリアでオレンジ風味のビールをつくる、など)。

さらに彼らは、コミュニティをつくることを推進しようともしている。専用スマートフォンアプリは製造工程のガイド役を果たしてくれるが、それだけではない。生産者が、活動している他のアマチュアたちとコンタクトを取れるようにして、アドヴァイスやレシピを交換する機会を提供するのだ。

Brewbotプロジェクトは、スマート・テクノロジーとお酒を愛する人々の産業という2つの世界を結びつけ、多岐にわたる専門分野からの投資家を引き寄せている。

「わたしたちは投資家を獲得しただけではありません」。CEO、クリス・マクレランは説明する。「わたしたちは、食べ物や飲み物の生産における人々の経験、エンジニアリング、ソフトウェア産業を熟成させました。古い世界と新しい世界が交錯するビールの生産に注力し続けることで、多くの経験がわたしたちのビジネスに積み重ねられます」。

Brewbotが利用できるようになるのは、2015年を予定している。その値段は、2,300〜4,200ドル程度になりそうだ。

TAG

BeerCommunityFoodSmartphoneWIRED IT