インサイドハーフの手応え語る清武弘嗣「楽しみながらやっている」

写真拡大

 日本代表は9日、アジアカップの初戦が行われるオーストラリアのニューカッスルで練習を実施した。

 昨夏のブラジル・ワールドカップ以来の代表復帰を果たし、自身初のアジアカップに臨む清武弘嗣。ハビエル・アギーレ体制の日本代表では、インサイドハーフでの出場が見込まれるが、「攻撃だけでなく守備も求められるし、そこは大きな違い」と語る。

「基本的には中央でプレーすることはあまり変わらないと思う。インサイドハーフの方が運動量は多くなるし、とりあえず90分間ボールに絡んでいないといけないポジション」と考えを明かした清武。「やりにくいということはない。本当に楽しみながらやっている」と、新ポジションでの取り組みも、前向きに捉えているようだった。

 連覇を狙う日本代表はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。