フランス・パリの新聞社襲撃 アラビア半島のアルカイダが指示か

ざっくり言うと

  • フランスのパリにある新聞社が襲撃され12人が死亡した事件
  • 容疑者はアルカイダ系のイエメンの武装勢力から派遣されたと主張していた
  • 襲撃は武装勢力「アラビア半島のアルカイダ」の任務だったと述べたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング