体調不良から合流3日目の豊田「もうちょっと時間が欲しいけど…」

写真拡大

 オーストラリアへの移動中に体調不良を訴え、7日の全体練習から合流したばかりのFW豊田陽平(鳥栖)は「もうちょっと時間が欲しいけど、しっかり練習はこなせているし、いい感じでできていると思っている」と、順調な回復ぶりをアピールした。

 12日のグループリーグ初戦となるパレスチナ戦を3日後に控え、「緊張感は次第に高まっている。(選手には)役割がそれぞれある。自分もその役割を理解して、チーム、グループのためにやりたい」と力説。得点が求められる場面での起用が増えそうだが、「(クロスからのヘディングは)長所の一つだし、そこでは自分というものを見せたい。ポジショニングだったり、隙を突くところはJリーグで積み重ねてきている」と、得点への自信を見せた。

 北京五輪も経験している豊田だが、A代表は13年の東アジア杯が初選出。ブラジルW杯ではメンバーに選ばれず、A代表で大きな大会に臨むのは初めてだ。「東アジア杯もあったけど、少し小さいので。自分自身、充実しているので楽しみです」と、コンディションとともに気持ちも徐々に高ぶってきているようだった。

(取材・文 西山紘平)