大相撲初場所が11日に両国国技館で初日を迎える。注目は、横綱・白鵬(宮城野部屋)が大鵬を抜いて前人未到の優勝33回を達成するか。そして、関脇2場所目の逸ノ城(湊部屋)の快進撃がどこまで続くのか。いずれも興味が尽きない見どころではある。一方で初場所を迎えて思うことがある。あれから9年も経ってしまったのか......と。

「あれから」とは2006年初場所、栃東(現・玉ノ井親方)の優勝のこと。以来、日本人力士が天皇賜杯を抱いた場所は一度もないのだ。国技と謳(うた)われる大相撲で、この現実は寂しすぎる。昨年は、58日間も満員御礼が出るなど、右肩上がりで人気復活を見せた土俵だが、さらなる上昇カーブを描くには日本人力士の活躍は不可欠だろう。それが日本人横綱の誕生なら言うことはない。初場所は、"平成の大横綱"貴乃花が2003年に引退した場所でもある。それは12年も日本人横綱が存在していないことを意味する。

 新しい年を迎えるたびに、この「空白期間」を更新している大相撲。毎年のように語られているが、改めて日本人横綱の誕生を期待したい。誰が最も近いのか。新星はいるのか。この1年を展望しながら可能性を探っていく。

 綱に最も近いのは、やはり大関、稀勢の里(田子ノ浦部屋)だろう。昨年は綱取りがかかった初場所で右足の親指を負傷し、千秋楽に初の休場を経験。7勝8敗で負け越し、カド番に追い込まれるなど苦しい一年だった。ケガの影響は思った以上に長引き、思うような相撲を取りきれなかった不本意な年だった。それでも勝利数3位は、大関の中でも限りなく綱に近い地力を持っていることを証明したと言える。

 昇進するには2場所連続優勝か、それに準じる成績が条件だ。北の湖理事長は「まず1度、優勝すること」と語っている。栃東以来、9年ぶりの日本人優勝を果たせば、自然に綱への道は開けてくる。優勝ラインは13勝以上と考えると、白鵬、鶴竜(井筒部屋)、日馬富士(伊勢ヶ濱部屋)の3横綱に負けては賜杯を抱くことはできない。

 その点、稀勢の里は白鵬の63連勝を止めるなど、3横綱を圧倒する内容で勝ってきた実績がある。昨年12月26日の横綱審議委員会による稽古総見でも、日馬富士を左のおっつけだけで宙に浮かせるなど、改めてすさまじい馬力を見せつけた。昨年の11月場所では得意の左からの攻めだけでなく、課題だった素早く右上手を引く攻めも光り始めてきた。左を差して、すぐに右の回しを取る速攻が形になれば、白星は積み重なるはず。体重も絞り調整は順調だ。稽古場の力を本場所で出せば、優勝が見えてくる。

 ただ、この大関は15日間安定した力を持続できないのが、最大の弱点。加えて苦手力士がいる。関脇の碧山(あおいやま/春日野部屋)には昨年2勝3敗。"怪物"逸ノ城には、9月場所の初顔から2場所連続で土を付けられている。

 白鵬に挑む時は、ふてぶてしいまでに闘志を土俵上で露(あら)わにするのに、合口(あいくち)の悪い相手だと立ち合いで待ったをかけることが頻発するなど、心の不安定さが露呈してしまう。優勝、その先の横綱昇進で絶対に許されないのは、格下力士への取りこぼしだ。その意味で、稀勢の里が綱を張るためには、碧山、逸ノ城との対戦がカギを握る。7月で29歳になる。今年が綱へのラストチャンスと気を引き締めて、何が何でも昇進を果たして欲しい。

 三役で日本人横綱への可能性を感じさせてくれるのは、今場所、小結に復帰した高安だ。13年9月場所で平成生まれ初の小結に昇進も、大敗して1場所で三役から転落した。以来、精彩を欠く場所が続いたが、先場所では白鵬を力強い突き押しで圧倒し、金星を獲得した。

 稀勢の里と同じ田子ノ浦部屋で、以前は稽古でも大関に一方的にやられることが多く、負け癖が付いているようだったが、最近は稀勢の里を圧倒する内容も見せるようになってきた。年末に元大関の琴欧洲親方と話す機会があったが、親方も「今、一番いいのは高安。相撲が変わったし、何より気持ちが体全体から出るようになったのがいい。来年は化ける予感がする」と太鼓判を押していた。

 昭和末期の九重部屋で保志が連日、千代の富士の胸を借りて横綱・北勝海になったように、高安も稀勢の里にぶつかることで、番付をさらに上げる予感は十分。平成生まれ初の優勝、そして大関昇進を今年中にかなえてもらいたい。

 幕内では、抜群の人気を誇る遠藤(追手風部屋)にも綱への可能性を見い出したい。昨年の初場所で11勝4敗と好成績で敢闘賞を獲得し、一気に「年内に大関か」と期待が高まった。しかし、番付を東前頭筆頭まで上げた3月場所で、初の上位戦で6勝9敗と負け越し。5月場所も横綱・鶴竜から初の金星を獲得するも、負け越して上位の壁にはね返された。

 9月場所では3勝12敗と大負けを経験。「立ち合いの当たりがまったくない。まだまだアマチュア」と元横綱・千代の富士の九重親方が指摘するように、相撲のうまさは平幕には通じても、立ち合いからの圧力不足で横綱はもちろん、大関、三役陣にはまったく歯が立たない状況が続いている。

 体重は150kgを超えて体は大きくなったが、肝心の馬力と圧力が不足している。それを身につけるためには「上位に胸を借りて自分を追い込む稽古をしないといけない」と北の湖理事長。積極的な出稽古で横綱、大関の胸を借りることなくして、横綱はおろか、三役昇進も見えてこないだろう。

 抜群の人気は、数多くのファンが寄せる将来の横綱への期待とも言える。その声に応えるためにも、稽古の方法を見直して上を目指して欲しい。巡業、普段の稽古で「遠藤が白鵬の胸を借りた」という報道が多くなれば、昨年、苦しんだ上位の壁を突破し、横綱への道が開けてくるはずだ。

 将来の日本人横綱という視点で番付を広げると、十両に注目力士がいる。20歳の輝(かがやき/高田川部屋)だ。新十両の先場所で、千秋楽まで優勝を争う10勝5敗の好成績を収めた。出身は石川県七尾市。父方の遠縁は同郷の第54代横綱・輪島という経歴を持ち、中学横綱の実力をひっさげ高田川部屋に入門。2010年3月場所で初土俵を踏んだ。体格も193cm、144kgと 白鵬に匹敵する大型力士で、入門時は将来の日本人横綱と、テレビ、新聞、雑誌にも大きく取り上げられた。ただ、現実は厳しく、9場所で幕下昇進もそこから3年間、幕下で足踏みが続いた。

 苦しい日々にも師匠の元関脇・安芸乃島の高田川親方は過酷な稽古を課した。現役時代は元大関・貴ノ花の一番弟子として、藤島部屋の鬼の猛稽古に耐えてきた親方。連日、50番以上の申し合い、しこや鉄砲をそれぞれ1000回と、今の相撲部屋では随一と言っていい質と量の稽古を課して、指導してきた。

「あの稽古があったから、今になって地力が付いてきたのだと思います」と輝。上半身の力だけで取っていた相撲が、その稽古の成果で下半身に安定感が出てきた。13年7月場所から8場所連続で勝ち越し、昨年秋には待望の十両昇進を決めた。得意は豪快な突き押し。スケールの大きな取り口は、魅力十分。締め込みは輪島と同じ黄金色と、その姿はまさに土俵で輝きを放っている。

 強くなる力士は、誰もが過酷な稽古という試練に耐え出世してきた。そういう意味で高田川親方が指導する輝は、将来の日本人横綱の可能性十分。今場所は西十両14枚目から8枚目へ番付を上げ、目指すは新入幕だ。

「これからもっと厳しい稽古をさせます。でも、性格が素直だし、何でも吸収しようという気持ちがあるから、今年はもっと伸びるはずです。目標は年内の三役です」と高田川親方は、飛躍に太鼓判を押す。将来の日本人横綱への期待がかかるが輝は「まだ自分にはすべてが足りません。自分の目標は目の前の一番に勝つこと。その積み重ねが将来につながると思っています」とうかれたところはない。

 しこ名の輝は、3月14日に開業する北陸新幹線の列車名が由来だ。ふるさとの石川と東京を結ぶ超特急のように、番付を駆け上がる姿を今年の初夢にしたい。

福留崇広●文 text by Fukutome Takahiro