24年間ずる休みを続けたインドの公務員男性がクビ 解雇まで22年

ざっくり言うと

  • インドで公務員男性が24年間にわたり「ずる休み」を続けたとして解雇された
  • 最後に出勤したのは1990年で、解雇に至るまでには22年の歳月を要した
  • インドの労働法は世界で最も制約が多いとされ、解雇が困難となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング