写真提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤園は1月13日、滋賀県協力のもと、琵琶湖の環境保全を目的とした"お〜いお茶「お茶で琵琶湖を美しく。」キャンペーン"を開始する。実施期間は3月31日まで。

琵琶湖は、滋賀県民の生活だけでなく、関西の約1,450万人の生活や産業活動を支える貴重な水資源。また、下流淀川の洪水を防ぐ役割も果たしている。滋賀県では2000年3月に「琵琶湖総合保全整備計画(マザーレイク21計画)」を策定し、「琵琶湖と人との共生」を基本理念として、水質汚濁の防止・改善の働きをする"葦(よし)"の保全などに取り組んでいる。

同キャンペーンは、関西2府4県の「お〜いお茶」全飲料製品を対象に、売り上げの一部を滋賀県が推進する琵琶湖の環境保全活動に寄付するというもの。2008年より同キャンペーンを実施し、過去6年間で総額6,163万円の寄付を行ってきた。

その他、琵琶湖環境保全活動の一環として、ヨシ刈りなどのさまざまな活動も実施。滋賀県を含む関西2府4県にて、店頭告知物やTV-CM、PRバッジをつけた同社社員による営業活動などを通し、滋賀県が推進する琵琶湖環境保全活動をPRしていく。

また、期間中は「お茶で琵琶湖を美しく。」フォトコンテストも開催する。テーマは「あなたの琵琶湖の風景」「あなたの街の身近な自然」で、期間中にキャンペーンサイトにて作品を受け付ける。

(フォルサ)