50代女性に贈るエイジングケア

写真拡大

常盤薬品工業(東京都中央区)は、50歳からの肌に着目した新スキンケアブランド「グッドエイジング」から「ローション」「クリーム」「スティック美容液」を2015年2月4日に発売する。

年齢を重ねると、蓄積されたダメージや女性ホルモンの減少などにより、50代では「ハリ・弾力の低下」「乾燥」を感じる女性が急増するという。

50代の美と健康に役立つ注目成分、進化系イソフラボン「エクオール」をセルフスキンケア市場初めて配合し、うるおいでお肌を満たす高保湿エイジングケアブランドになっている。

さらに、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、スクワランなどを配合、低下したうるおい保持力をサポート。豆乳発酵液、ダイズ、レッドクローバー、ザクロが女性ホルモンを活性化、ハリと弾力を与えてくれる。

ローションとクリームのシンプル2ステップでしっかりとうるおいを浸透させて閉じ込める。また、乾燥が気になる目元・口元には直塗りできるスティックタイプの高保湿美容液が気になった時にサッと使えて便利。

全国のバラエティショップ、ドラッグストア、量販店などで発売する。

価格は、「ローション」180ml 1400円(税別)、「クリーム」30g 1500円(同)、「スティック美容液」1700円(同)。