パリ新聞社襲撃 同僚たちが次々と床に崩れ落ちていく戦慄の光景

ざっくり言うと

  • パリで7日、覆面姿の男が仏風刺週刊紙の編集会議に乱入し、銃を乱射した
  • 生存者のジャーナリストはテーブルに身を隠し、惨劇を目の当たりにした
  • 鋭い火薬のにおいが鼻をつき、同僚たちが次々と床に崩れ落ちていったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング