パリ風刺新聞社の銃撃事件 警護対象だった編集長の壮絶な最期

ざっくり言うと

  • 仏パリの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」本社が7日、襲撃された事件
  • 名物編集長で風刺画家のステファン・シャルボニエ氏が犠牲になった
  • シャルボニエ氏は編集長になる前、警察の警護対象にもなっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング