INAC神戸、近賀ゆかりと大野忍が復帰…目標は「タイトル奪還」

写真拡大

 INAC神戸は8日、アーセナルからなでしこジャパンDF近賀ゆかりと、同FW大野忍が加入することを発表した。

 1年ぶりのINAC神戸復帰となる近賀は、「タイトル奪還へサポートをよろしくお願いします」と語り、タイトル奪還を目標に掲げている。

 2012年以来の復帰となる大野は「一つでも多くのタイトルを取るために頑張っていくので応援してください」と、意気込みを語った。

 近賀、大野の両選手は、2011年に日テレ・ベレーザからINAC神戸へ移籍。2011、2012年シーズンの連覇に貢献した。大野は2012年12月からリヨンでプレーし、2013年7月にASエルフェン狭山(現・ASエルフェン埼玉)に加入。2014年2月には二人揃ってアーセナルへ移籍していた。