22日、大韓航空の趙顕娥前副社長が乗務員のサービスを問題視して航空機を引き返させた問題で、韓国内では同社が「国の格をおとしめた」として「社名を(問題の発端にちなみ)『ナッツ航空』に改めよ」とする声が広がっている。写真は大韓航空機。Record China

現代や韓進など韓国当局が指定する「危ない財閥」 財政危機の現状は

ざっくり言うと

  • 現代や韓進など韓国当局が指定する「危ない財閥」について推察している
  • ウォン高や内需の不振という逆風も強まり、財閥破綻が起きる可能性がある
  • 一方で、政権の財閥優遇の構図が浮き彫りになっているとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング