『恋する・ヴァンパイア』

写真拡大

4月17日から東京・TOHOシネマズ新宿ほかで公開される桐谷美玲の主演映画『恋する・ヴァンパイア』に、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演していることがわかった。

【もっと大きな写真を見る】

映画初出演となる戸塚が演じるのは、桐谷演じるヴァンパイアの少女・キイラの初恋の相手・哲。再会したキイラに次第に惹かれていく一方で、両親をヴァンパイアに殺された過去を持つという役どころだ。また、幼少期から歌手を目指しているという設定で、戸塚は劇中で歌声も披露しているという。

戸塚は映画初出演にあたって、「ジャニーズJr.の頃からずっとずっと夢の1つとして掲げていた映像世界への参加が叶い、飛び上がるほどの感動と、皆さんの足手まといにならないようにという、緊張感や気負いがいい具合に混ざり合い、すこぶるバランスの良い状態を保てたと思います」「まだまだ未熟者な僕ですが今後も大好きな映画の世界に参加出来るように日々自分を磨き、日本の映画界に少しでも貢献したいです」と語っている。

『恋する・ヴァンパイア』は、好きな相手に近づくと、生き血を欲して牙を覗かせてしまうヴァンパイア・キイラの恋を描いた作品。世界一のパン職人を目指すキイラが、想いを伝えられないまま12歳の時に離れ離れになった幼馴染みの哲と8年ぶりに再会し、吸血鬼であることを秘密にしながら恋や夢に悩むというあらすじになっている。監督は同作が監督デビュー作となる鈴木舞。なお、同作は4月17日にオープンするTOHOシネマズ新宿のオープニング作品の1つとなる。

【戸塚祥太のコメント】
キュートでスピーディー!鑑賞後は暖かい気持ちになれるラブコメです。友情、恋の力、家族の愛、人間模様も描かれていて見所が沢山あります。とにかく!とってもとっても可愛い作品です。この作品が持つプリティーパワーを体いっぱいに受け取ってください。