写真提供:マイナビニュース

写真拡大

整体師の大山奏です。数年に一度と言われる爆弾低気圧に日本列島が襲われて、大寒波が押し寄せてきました。急激な寒さに体温調節機能が追いつかず、体調を崩してしまった人も多いのではないでしょうか。とにかくいつでも身体を温かく保つことを考えましょう。

今回は、お尻の中の筋肉をほぐすストレッチをご紹介します。

○お尻ほぐしストレッチ

Step1: イスに深く腰掛けます

Step2: 片方の足首を、反対の足の膝の上に乗せます

Step3: 上に乗せている方の側の手を前に出し、上半身を倒します

上半身を前に倒すときに手を伸ばしている側が少し前にくるようにすると、筋肉が伸びていることを感じやすいかもしれません。息を吐きながら、ゆっくりと上半身を遠くに持っていくようなイメージで倒します。

こりがひどい場合は、足を膝の上に乗せるだけでストレッチになることもあります。乗せただけで気持ちがいい場合は、その状態で乗せたほうの膝を軽く下に押すくらいでとどめておく方がいいでしょう。

○腰痛・生理痛対策にも期待

お尻の奥の筋肉は、なかなか普段意識しません。ですが、ここがこることによって、腰痛が引き起こされる場合もあります。また、女性の場合は生理痛の緩和にも効果がありますので、無理のない範囲で行ってみてください。

○寒く感じたらストレッチ

冬は寒く、ストレッチ習慣が途切れてしまいがちです。でも、わざわざ時間を作らなくてもストレッチはできます。電子レンジの温めを待っている間や、仕事でじっとしているときなど、寒さを感じたら少しでも身体を動かす癖をつけてみましょう。

身体を動かして温かくなったと感じると、次も同じようにできる可能性が高くなります。そうやって習慣づけしていくと、毎日のストレッチを苦だと思わなくなりますよ!

○筆者プロフィール: 大山 奏(おおやま かなで)

スピリチュアルと運動が好きなアウトドア系ライター。整体師。癒やしを与えられる人になろうとアロマテラピーインストラクター・セラピストへ向けて勉強中。ストレス解消法は神社巡りと滝行。スピリチュアル系雑誌の執筆から脳科学・恋愛記事まで、興味のあるものには迷わず挑戦している。ブログ「ひよっこライター大山奏」では、日々の出来事を思うままにつづっている。また、これまでのさまざまなストレッチをまとめた電子書籍も販売中。

(大山奏)