写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タマホームと面白法人カヤックが共同設立したSuMiKaは6日、「家と幸福度」に関する調査結果を発表した。調査期間は2014年11月11日〜21日、対象は全国20代以上の男女計4万4,881名。

○今住んでいる家が好き?

「幸せを日々感じているか」との質問に「幸せ」と答えた人は51.3%。男女・年代別に見ると、幸福度が低かったのは20代男性(36.6%)と30代男性(39.1%)であった。

「幸福度」と「家」の関係性について、「いま住んでいる家が好き」という人は71.8%が「幸せを日々感じている」と回答。「幸せを感じない」という人は6.6%であった。

一方、「今住んでいる家が嫌い」という人で「幸せを日々感じている」 という人は19.3%にとどまり、「幸せを感じない」という人は50.4%と半数を超える結果となった。