フランス・パリの風刺新聞社で銃乱射 犯人「敵を討った」

ざっくり言うと

  • 仏パリの新聞社「シャルリー・エブド」で7日、職員らが銃撃された事件
  • 犯人が「預言者の敵を討った」と、乱射しながら叫んでいたとの報道も
  • 同新聞社は、イスラム教の聖戦や指導者を風刺する漫画と記事を掲載していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング