タッチスクリーンの「欠点」を補うデザインとは:画面を見ずに操作できるUI

写真拡大

自動車の運転席でタッチスクリーンを操作することほど、危険なことはない。だが、あるデザイナーが、目を使わずに操作できるシンプルなタッチインターフェイスをつくりだした。

「タッチスクリーンの「欠点」を補うデザインとは:画面を見ずに操作できるUI」の写真・リンク付きの記事はこちら

自動車のダッシュボードにタッチスクリーンを設置することほど、ひどいデザインはない。なにより、無謀だ。単純に考えて、ボタン類と違って、タッチスクリーンは「見る」必要がある。

だが、自動車メーカーがどうしてもタッチスクリーンを使いたいというのなら、デザイナー、マシュー・クレンによるコンセプトを検討したほうがいい。彼がつくりだしたのは、目を使わずに操作できる、シンプルなタッチインターフェイスだ。

クレンのコンセプトにおいて、タッチスクリーンの画面は、メニューやボタンで区分けされていない。どこにでもタッチしてよい。すなわち、各種の制御は、タッチの仕方によって行うのだ。

2本の指で上方向にドラッグすると、音量を上げられる。 3本の指でドラッグすると、オーディオ・ソースの変更が可能だ。4本なら車内温度を、5本なら空気の流れを制御できる。

機能それぞれについて固有の感度が設定されており、パネル上のどこからでも操作できる。指を少し広めに広げて上下に移動すればさらに細かな制御も可能で、すべての機能を、ユーザーの好みに合わせて再設定することができる。

まるで元々備わっていたかのような操作感

画面に表示される操作用の”ダイヤル”は、すぐに分かるほど直感的ではない。Cue 社の元製品設計者であったクレンは、このことを認めている(Cue は、一昨年 Apple が4,000万ドルで買収したと報道されていた)。 「改善の余地はたくさんある。機能についてのユーザー教育はとても重要だが、あまり時間をかけられなかった」と彼は言う。

とはいえ、彼のアプローチはスマートだ。

このコンセプトは、タッチスクリーンのUIデザインにおいてこれまで見られた大きなトレンドを反映している。すなわち、現実世界のモチーフを模倣したインターフェイスから離れるということだ。

既存の自動車用タッチスクリーンの問題は、従来の物理的なボタンに、独創性もなく固執していることである。触れてわかる特徴がないため、ユーザーはいつもヴァーチャルな操作ボタンを探し回らなければいけない。対照的に、クレンのソリューションには、タッチスクリーンに元々備わっていてもおかしくないような機能性があり、結果としてドライヴァーへ要求する負荷がはるかに少なくなっている。

クレン自身は、物理的なボタンであろうがタッチスクリーンであろうが、そこにこだわりはないという。彼はただ、こうしたものはよく考え抜くべきだと主張している。

「新しい操作系は、刺激的なイノヴェイションへの扉を開くことができる」と彼は言う。「しかし、同時に、しっかり見据えて克服すべき新たな課題がついてくるのだ」。

TAG

CarDesignHeadlineNewsiPadRecommendtouchscreenUIWIRED US