サイドからの攻撃精度を強化へ…遠藤保仁「速いクロスが一番有効」

写真拡大

 日本代表は7日、アジアカップが開催されるオーストラリアにあるニューカッスル近郊のセスノックで練習を行った。

 練習には、インフルエンザから回復した鹿島アントラーズのMF柴崎岳と体調不良だったサガン鳥栖のFW豊田陽平も合流。トレーニングパートナーのFC東京のMF中島翔哉と合わせ、今合宿で初めて24選手が揃った。

 練習後、「やっぱりどういう形でも点が獲れるようなチームにしていきたい」と明かすガンバ大阪のMF遠藤保仁は、「クロスの精度っていうのはこの間はよくなかったので、そういう意味で練習したんじゃないかなと思います」と練習試合での課題を指摘した。

 また、クロスに関してハビエル・アギーレ監督の指示は出ているかと問われると、「大きく指示は出てない」とするも「一番いいのはGKの前で触るのが一番いいですし、高い選手がトヨ(豊田陽平)か圭佑(本田圭佑)くらいしかいないので、そう考えると必然的に動きながらって形になると思うので、速いクロスが一番有効かなと思います」と自身の考えを語った。

 アジアカップは9日に開幕。日本はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。