豊田と柴崎が合流…日本代表、初めて全選手で練習を実施

写真拡大

 日本代表は7日、アジアカップが開催されるオーストラリアにあるニューカッスル近郊のセスノックで練習を行った。

 地元の子供たちと記念撮影を行ってから始まった練習には、体調不良だった豊田陽平とインフルエンザから回復した柴崎岳も合流。トレーニングパートナーの中島翔哉と合わせ、今合宿で初めて24選手が揃った。

 約2時間の練習では、サーキットトレーニングやペナルティーエリア内で5対5のクロスからシュート練習を行った。

 オーストラリア到着後、初めてチーム練習に合流した豊田は、「全然問題なくやれています」とコメント。コンディションについても、「足りなければ、しっかりやっていきますし、チームと自分とも相談しながらやっていければいいなと思います」と語った。

 インフルエンザで国内待機を余儀なくされ、6日朝にオーストラリアに到着した柴崎も、「コンディション的には悪くはない。思ったより暑くない」と問題ない様子だった。

 アジアカップは9日に開幕。連覇を狙う日本はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。