「まんが家さんの修羅場めし」は、まんが家にどんなものを食べているのか聞いてレシピを載せているレポマンガ。しかし修羅場に料理を作る余裕なんて、ない。

写真拡大

『まんが家さんの修羅場めし』は、まんが家どんなものを食べているのか、レシピを教えてもらおう、という体のレポマンガ。
カレー好きまんが家カラスヤサトシが、山椒やかつお節を使って作る「和カレー」。
料理漫画も数多く手がける小池田マヤの、冬のおすすめ料理「ピェンロー(白菜鍋)」。
ラズウェル細木が提案する簡単おつまみ「初鰹のオイルマスタード漬け」。
誰でも簡単に、ちょっとこだわって作れるレシピが掲載されています。

さて食の話をすると、生活習慣がわかるもの。
体調を崩しても誰かに代わってもらえない。
睡眠も不規則で徹夜も多い。締め切り前はゆっくり食べる余裕もない。
まんが家たちの「印象に残る修羅場」話がボロボロと出てきます。

たとえば『ベルサイユのばら』の池田理代子。
週刊で23〜24ページ+読み切り、という修羅場で彼女が何を食べていたかというと、お茶漬けのみ。
理由は「噛む時間がもったいないんです」。
徹夜作業な上、12〜16時間飲まず食わず。空きっ腹にお茶漬けをかっこむ。
結果、病院に運ばれました。
今はアシスタント募集の条件の一つが「ご飯が作れる方」。

『ゴルゴ13』のさいとう・たかを。
月産ページ数600P。プロダクション方式の完全分業制とはいえ、ケタが一つ多い。
「スケジュール見るとな、ワシの寝る時間が入ってないんや。700Pってのも一回あったな」
60時間ぶっ続けで描いて、4時間だけ寝てその後48時間ぶっ続け……という生活を57年続けています。
今は皆、外食とのこと。

B級グルメマンガを描いている土山しげる。
若いころ裏社会漫画を週刊でかけもちした結果、過労で入院。
ところが、病院の食事があまりにもおいしくなかった。
つらくて鬱憤がたまりすぎた末、「次に描くものはごはんもの! 退院したら食マンガを描いてやる!」
こうして『極道めし』『野武士のグルメ』などが誕生しました。

過酷。とはいえ体調管理は自己責任。
部屋にこもる仕事なので、ストレスはたまる一方。
「やっぱり追われてくると、ストレス発散って「食」しかないんですよねー」と語るのは、美樹本晴彦。
では彼は何を食べているかというと、外食、てんやもの、マック。
一人だと「ごはんを炊けるかもアヤシイです」。
コンビニでシュークリームを買うのが、楽しみの一つだそうです。

アシスタントに自ら、料理を教えこむ作家も登場します。
まんが家自身が手を回しきれない時でも、栄養管理は大事。
誰かが作らないと、食事を抜いてしまうこともしばしば。
修羅場における「ストレス」と「人間の限界」、そして「食べることの大切さ」がわかる一冊。
ちなみに、本当に忙しい時に喜ばれるのは「左手(利き手じゃない方)でさっと食べられるもの」のようです。

奥原まむ『まんが家さんの修羅場めし』
(たまごまご)