写真提供:マイナビニュース

写真拡大

中国経済を動かす街・上海で、IT会社の営業として働く楊婷婷(よう・ていてい)さん(30歳)。日本で大学を卒業した"日本通"のヨウさんは、上海人と日本人のつなぎ役。また、高品質で安心だからという理由で、日本製の歯ブラシを愛用しているそうです。

■これまでのキャリアの経緯は?

大学2年の時に日本の大学に合格し、日本で4年制大学を卒業、神戸のホテルに入社してコンシェルジュとして働いていました。29歳の時に中国に帰国し、最初の半年は日系コンサルティング会社の営業職を務めたんですが、その後上海の広告アプリ制作など、上海を拠点としたIT・デザイン・広告会社に転職しました。社長は日本人です。

■現在のお給料は以前のお給料と比べてどうですか?

現在の給料は手取り8,000元(日本円で約15万3,000円)です。転職前とさほど変わらないですが、会社の雰囲気が良いので満足しています。

■今の仕事で気に入っているところ、満足を感じる瞬間は?

今の仕事は、クライアントからさまざまな素材や情報をいただいて、クライアントの要求をデザイナーに伝えるという、クライアントとデザイナーをつなぐ仕事をしています。ですからお客さまがWEBデザインや印刷物の完成品を見たときに、わぁこれはすごいね! と感心してもらえたその瞬間はとても達成感がありますね。それと時間がフレキシブルなところや、オフィス内に中国の歌が有線放送で流れているもの気に入っています。日本人社長もそれを聞いているのかって? そうですね、意外に好きみたいです。ときどき鼻歌がでたりして(笑)

■逆に今の仕事で大変なこと、嫌な点は?

デザイナーとクライアントの間に入って互いの気持ちをくみ取りながら、より良いものを作るためのやり取りをするわけですが、時には板ばさみになることもあるんですよね。デザイナーは個性的でいいものを作りたいと思っていても、それがクライアントのニーズと必ずしも合致するとは限らないですから。双方の気持ちを尊重しつつ仕事を進めるためには、やはり気を遣うこともあります。

オフィスは自宅からバスで1本の便利な場所であまり不満はないんですけど……しいて言えば、冬は室内が寒いことでしょうか。1950年代の古い建物に、デザイン会社等がいくつも入っている所なんですが、真冬はひざ掛けと内側がボアになっている室内履きが欠かせません!

■ちなみに、今日のお昼ごはんは?

今日はクライアントとホテルで打ち合わせでしたので、そのままクラブラウンジでのお昼となりました。クライアントとの打ち合わせの時のランチは洋食が多いですね。普段は13〜15元くらいの気軽な中華ランチを楽しんでいますよ。オフィスのみんなでレストランへ行って大皿を分け合ったりすることもあり、それもまた楽しいランチです。

■日本人のイメージは? あるいは、理解し難いところなどありますか?

日本人は几帳面でシャイな人が多いですね。私は日本暮らしが長かったので日本人の几帳面さには慣れましたけど、たまに旅行で行く友達は、びっくりしています。スーパーのレジで「198円、540円……」って全部読み上げたりとか、デパートでも新しい箱の包みをわざわざ開けて「こちらでお間違いないでしょうか」と聞いたりしますよね? せっかちな友人だと、もういちいち開けなくてもいいのに、って思うみたい。

シャイという点では、例えば上海で日本人がメインのパーティーイベントが開催されたとき、あまりにも周りが静かすぎて私と一緒に参加した友人が「ここでしゃべってもいいのかな?」って耳打ちしたほど(笑)。あの空気感って独特なものではないでしょうか。上海人は欧米人みたいなところがあり、そういうイベントではワイワイ気軽にしゃべったりするんです。

日本製品は、歯ブラシが秀逸。上海の歯ブラシは大きくて口に入りにくいけど、日本のは大人用でもコンパクトな設計だし、作りもいい。直接口に入れるものは安心できるものを選びたいですから。私の周りでも日本製品を愛用している上海人は多いですよ。特にスキンケアのような、直接肌につけるものは安全なもののほうがいいという思いから、日本製品を愛用しています。

■最近TVやラジオ、新聞などで見た・聞いた日本のニュースは何ですか?

円安が止まらないことです。また日本の円安が回復する日が来ると思いますので、日本旅行は今のうちだなと(笑)。最近、周りの友達が次々日本旅行の様子をWechat(中国のSNS)のモーメンツ(Twitterのような機能)でアップしているのを見ると今が行き時だなって実感がわきますね。

Wechat(中国のSNS)はみんなやっています。すごく便利だし、LINEと違って既読機能がないから(笑)、お互いに気を使わなくていい。

■休日の過ごし方を教えてください。

会社は土日が休みなので、カレンダー通りです。日本人が社長ですが、お休みは中国の暦に準じています。

■将来の仕事や生活の展望は?

つきなみですが、結婚して、育児と仕事の両立が理想です。生活の優先順位は子供ですが、仕事はやめたくないんです。社会との接点は保ち続けたいですから。

(GreenCreate)