生命居住可能領域内の系外惑星8個を新たに発見

ざっくり言うと

  • 米国で、生命が存在する可能性がある系外惑星8個が新たに発見された
  • 生命居住可能領域内に存在するとみられる惑星の数は、今回で倍増することに
  • 発見された惑星8個のうちの2個は、最も地球によく似た惑星だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング