モダンカントリーの家にバージョンアップ モニター価格で特別仕様に

写真拡大

さいたま市の大賀建設は、同社の住宅販売店アルネットホームで2015年3月31日までに購入契約をした人のうち、県内外の各展示場先着限定5棟で、モダンカントリーの家「特別仕様」をモニター価格で販売する。

「モダンカントリーの家」は、シンプルで飽きのこない端正なデザインが特徴で、古くからフランスで使用されている外装塗り壁や陶器瓦のなど素材にこだわった。アンティーク調の古材が年月とともに味わいを増す作りになっている。15年3月31日までに新築契約し、モニター協力をすること、6か月以内に工事着工をすることが条件となる。参考建物本体価格は37.57坪で1966万円を1831万円(税抜)に。諸費用は別途かかる。

栃木・足利、宇都宮、埼玉・三郷、群馬・太田の展示場で「モダンカントリーの家」を確認することができる。15年1月31日に埼玉・大宮北展示場もオープンを予定しており、それぞれ異なるデザインと形を再現する。