桜井誠氏のツイート

写真拡大

4日、元在特会(在日特権を許さない市民の会)会長の桜井誠氏が、Twitter上でサザンオールスターズ桑田佳祐を激しく批判した。

サザンオールスターズは2014年大晦日のNHK紅白歌合戦にライブ会場からの生中継で出演し、1曲目に政治的な歌詞を含む「ピースとハイライト」を披露した。

紅白歌合戦の映像にはなかったが、このライブ中に桑田は、2014年秋に受章した紫綬褒章をズボンの尻ポケットから取り出し、何らかのパフォーマンスをしたとされている。

桜井氏はこの話題についてTwitter上で、桑田を「天皇陛下を卑下する輩」「そんなに嫌いなら最初から紫綬褒章など貰わなければいいものを、何をトチ狂って受章したのでしょうか?」と厳しい批判をしている。



【関連記事】
サザンオールスターズがNHK紅白歌合戦で意味深な演出
ビートたけし 橋下徹大阪市長と在特会・桜井誠会長の口論について「笑ってしまった」と語る
ビートたけしが橋下徹市長vs在特会の会談にコメント「漫才みたい」