【近賀ゆかりインタビュー(2)「なでしこ編」】

 海外移籍で自身の新たな可能性を感じた近賀ゆかり。移籍直後の3月にアルガルベカップを戦った後、なでしこジャパンとしての活動がなかった彼女が、約7か月ぶりにカナダ遠征(※)でなでしこジャパンに合流した。サッカーの母国でもまれたシーズンを経て触れた"なでしこ"。W杯本大会までの半年となった今、近賀が考える"なでしこジャパン連覇達成のカギ"は何なのだろうか。
※2014年10月25日、28日にカナダチームと対戦し、2連勝している。

―― 昨年3月のアルガルベカップのときはアーセナル移籍直後でした。1シーズンを経て10月のカナダ遠征のときには、自分の中にどんな変化がありましたか?

近賀(以下、近賀):アーセナルではスピード勝負や、1−1で仕掛けてくる人が多かったから、そういう面での対応は上がったと感じます。慣れた訳じゃないけど、タイプを細かく分けられるようになった。今までは、速いかテクニックかだけだった選択肢が、速い中でもタイプがあるというのが分かって、その特長を掴むのも早くなった。

 日本ではカバーがいたけど、海外では速い選手にはがされないようにふたりで奪うとか、そういう動きができないから、テクニックがある選手なのか、タテに突破したいタイプなのか、スピードを使うけど切り返すタイプなのか、ひとりで完結させなければいけないので、すごく気をつけるようになったと思います。

―― ヨーロッパ組も含めてフルメンバーでの戦いは久しぶりでしたが、いかがでした?

近賀:いろんな意味で、相手によって対応できる力が前よりついてきていると思いました。カナダ遠征のときは1試合目と2試合目でカナダチームの戦い方というか、スイッチの入れ方が違った。私自身は、2試合目は出てないんですけど、スイッチが入ってきてるなって感じました。同点にされてもギリギリのところで粘り勝つっていうのは、前よりじっくり相手を見られるようになってきたからかなって思います。でも、本当にカナダ戦はやっていてめちゃくちゃ楽しかったです!

―― みんなそんな感じでしたね。試したいこととか、やりたいことがたくさんあるんだろうな、という感じがありました。

近賀:本当にそんな感じです!やりたいことがいっぱいあった。練習の中でもそうだったし、「今できたよね」って思う瞬間もありました。特に印象に残っているのは、カナダ遠征第1戦の1点目。アンチ(安藤梢)が左から出したパスを、シノ(大野忍)がスルーして、ナガ(大儀見優季)が決めたゴール。ああいう流れの中からのゴールの種類をもっと増やしたい。日本っぽい点の取り方でしたし、相手が嫌がる得点だった。(自分たちの中で)基準が少しできた気がします。

 海外のチームがどう積み上げてくるかわからないですけど、勝つためにこれは最低限できないといけないとか、これは強みになるとか、それがカナダで少しつかめた気がする。アルガルベでは最後ドイツにやられて、自分の中では嫌な終わり方だったから、相手がドイツでも、アメリカでも、こういう攻撃ができたらいいなって思います。

―― 佐々木則夫監督はW杯連覇を目標に掲げています。その目標を達成することと、みんなが悔いを残さないようなチームにするためには、本大会までのあと半年、何が一番重要になってくると思いますか?

近賀:距離感!攻撃でも守備でも結構それ次第だと思います。誰でもその距離感を感じられたら、強いチームを作れるはず。連覇の道が見えてくるかもしれないですね。結局、そこが日本人の良さだし、悪さというか弱さも消してくれるから。海外では見ることのない日本の特長だと思う。みんなの中でもこの距離感の話は出るんですよね。

―― さっき出たカナダ初戦の1点目もいい距離感から生まれましたもんね。

近賀:はい。その距離感の中で、なでしこって微妙に動き直しをいっぱいしてるんです。

―― その動き直しはなでしこの文化という気がしますね。

近賀:絶対そうだと思います。これこそ、日本の強みにしないといけない。ボランチとかをやっていて、パスコースを切られたとき、ちょっと動き直してくれたらパスが出せるのにってシーンがいっぱいあるんです。それがスムーズに出せるか出せないかで大きく変わってくる。若い選手はひょっとしたらその良さというか、その世界を知らないのかもしれないですね。完全なパサーみたいな若い選手はあまりいないじゃないですか。

 それこそアヤ(宮間)とかシノも出し手になれるし、澤(穂希)さんも、ミズホ(阪口)もそうじゃないですか。そういうパサーの人は受け手もできる人が多い。出したいところがわかるから受けたいところにいけるというか。だからクロスボールに入っていける人も多いですよね。

―― 突然ですが、W杯の対戦が決まりましたね。もう見ましたか?

近賀:はい。スイス、エクアドル、カメルーンでしたよね。どうですか?と聞かれてもわからな過ぎて......(苦笑)。自分たちもそうだったんですけど、初出場となると相手のスタイルをすごく見るだろうし、自分たちがどうしなきゃいけないかじゃなくて、相手をどうするかってところに力を注ぐんですよ。今回、日本は結構研究されちゃっているから、ブロック引かれて守られたりしたら厄介だなって思います。スイスとかやりそう(笑)。カメルーンはそれをやってきても多分続かないだろうから、そこを狙うとか? 我慢できればチャンスはあるかな、とか考えちゃいますね。エクアドルは......読めない(笑)。テクニックはある感じ。あくまでもイメージの話ですけどね。

―― アメリカも結構大変な組で、スウェーデン、オーストラリア、ナイジェリアと同組です。

近賀:うわ......それ、結構大変ですね。

―― ちなみに、イングランドはフランス、コロンビア、メキシコと同組。

近賀:いや、それもキツイですね。だからか!アーセナルのチームメイトに「日本はイージーだな!」って言われたんです(笑)。でも、私は難しいと思いますよ。アジアで戦うときと似てるかも。タイプは違うけど、自分たちのことはある程度研究されていて、なおかつ周りからは格下だって言われるチームと戦って勝たなきゃいけない。本当にこういうの私たち慣れてないですから。絶対王者じゃないですからね(笑)。そういうのを求められても困りますっていうのもあります。それこそドイツW杯のときは、ドイツの試合もアメリカの試合も映像を本当にいっぱい見た。それでこの相手に対して自分たちはどうしたらいいとかそういうのをすごく話し合ったんです。研究することには慣れいても、研究されて戦うのに慣れてない。カナダW杯は難しいし、本当に真価が問われる大会になると思います。

―― もう4年も経つんですね。"ドイツW杯での近賀"と"カナダW杯での近賀"はここが違う!というのはありますか?

近賀:難しいな〜それ(笑)。海外でプレイしてきたとは思えないこと言いますけど、いろんな意味でバランスを見ることに関して、めっちゃ磨きましたよ。代表に行けば年も上になってきたから、いろんな話も聞けるし、言えるし。誰かと誰かの意見が合わなくても、どっちの意見も聞いて、じゃこうしようっていうのを今はできる。前だったら、やろうとも思ってなかった(笑)。DFと前の意見が食い違ってて、それぞれの考えがあっても、じゃあどうするっていうのを今なら自分発信で言えると思う。海外に出る選手が多くなってきて、国内にいる選手とのズレがあるんだったら、私は国内のこともわかんない訳じゃないので、バランスを見て自分発信で言うようになったかなって思います。

―― 代表は集まる時間が少ないから難しいですよね。

近賀:いつもアヤ(宮間)が年下の選手の話とかを聞いてくれていて、私はそこまで周りを見ることはできないけど、アヤが「あの選手はああなんだよ」って教えてくれるから、「そうなの?じゃあ少し話してみるね」って感じです。アヤに負担がかかる分、彼女が息抜きをできるようにサポートしたいなって思います。まあ、うまくいってるときは勝手に意見がまとまるし。きつくなったときは自分が(前に)出るときかなって思ってます。サイドバックだし?私も歳取りましたしね(笑)。

 近賀もつい数年前までは、ピッチで右往左往しながら奮闘していた選手のひとりだった。

 実際近賀自身も、「過ぎてしまえばこの4年はあっという間だったけど、ケガや海外移籍があったので自分にとってはドイツW杯が昔のことのように感じます」と語る。

 特にこの1年は海外へ出て、いろいろな刺激を受けた。あらゆることを吸収した今の近賀だからこそ、なでしこに必要なものを改めて実感することができたのだろう。磨いてきた個の輝きを彼女は、そしてなでしこジャパンの面々はどう溶け合わせていくのか。真価が問われるW杯本大会は6月にカナダで開幕する。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko