nomi.monolis

写真拡大 (全2枚)

 E−Times Technologiesは、飲んでみたいと思った酒や、飲んだ酒を簡単に記録/管理できるサービス『nomi.monolis(ノミモノリス)』の提供を開始した。

 同サービスは、全国のお酒の銘柄データベースを公開しており、利用者が銘柄/蔵元/生産地などから、飲みたい酒や、飲んだ酒を見つけて記録することで、自分だけの酒リストを作成することができる。

 サービス開始当初は日本酒が中心となっているが、今後焼酎やワインなど多数のジャンルを追加していく予定だという。