2014年は大相撲の人気が右肩上がりで回復した1年だった。秋場所では、若貴全盛時代の1996年以来18年ぶりに14日間の満員御礼を記録。さらに例年、深刻な不入りが続いていた九州場所でも17年ぶりに、7日間に渡り満員御礼の垂れ幕が下がった。年6場所合計の大入りは58日間となり、これも97年(77日間)以来の多さとなった。

 活気が戻ってきた土俵に、北の湖理事長は「新しい顔ぶれが上位に上がってきて、ファンのみなさまが興味を持つ取組が増えたことが大きい」と話す。振り返ると上半期は遠藤(追手風部屋)が台頭し、3月の春場所で初の上位との対決が実現した。

 ただ、遠藤は横綱、大関の壁に苦しんで伸び悩み、その後人気が停滞。そんな時に怪物、逸ノ城(湊部屋)が出現。新入幕の9月場所で13勝を挙げ、11月場所で一気に関脇に昇進とスピード出世を果たし、成績も勝ち越した。

 他にも照ノ富士(伊勢ヶ濱部屋)ら、将来が期待されるフレッシュな新顔が幕内上位に進出し、連日、横綱、大関戦が新鮮で緊迫感あふれる取組になった。さらに新顔だけでなくベテランも奮起した。夏場所で鶴竜(井筒部屋)が横綱に昇進、秋には豪栄道(境川部屋)が新大関となり、上位の番付も劇的に変化した。これはひとえに日々、地道に積み重ねた多くの力士の精進と指導する師匠の努力の賜物だ。その結果、多くのファンが国技館に足を運んだ。土俵の活性化が人気回復の原動力となったことは紛れもない事実だろう。

 ここまでの道のりは、容易ではなかった。2010年の野球賭博問題、11年の八百長メール問題で大相撲の人気は地に落ちた。11年は春場所が中止に追い込まれ、夏場所は無料公開で技量審査場所としての開催を余儀なくされた。年4回ある地方巡業もすべて中止となり、この年、日本相撲協会は過去最大の約48億8600万円もの赤字を出す危機的状況に立たされた。

 北の湖理事長が3年半ぶりに協会トップに復帰したのは、まさにどん底に落ちた12年の初場所後だった。「ファンのみなさまが喜んでもらえることなら、何でもやろう」。これまでは、ファンサービスの面で動きが鈍かった相撲協会。協会トップが打ち出したオープンな方針で流れが変わった。

 当時、広報部長だった八角親方(元横綱・北勝海)と副部長の玉ノ井親方(元大関・栃東)が中心となりPRに尽力。これまでならオファーがあっても出演に消極的だったテレビのバラエティ番組にも積極的に力士が顔を出し、お茶の間と大相撲の距離を近づける努力を行なった。

 親方だけでない、職員も立ち上がった。業務推進室に在籍する加藤里実さん(31)もその一人だ。広報部にいた2012年、客離れが深刻な時だった。多くの人に国技館に戻ってきてもらうためにはどうしたらいいか、と頭を悩ませた。着目したのはツイッターだった。

 それまでも協会は公式ツイッターで情報を発信していたが、内容は日程の告知などが中心。いわば極めて事務的なもので、フォロワーも7000人ほどだった。そこで目標を打ち立てた。「1万人を目指したい」。告知だけで文字情報ばかりの内容の改善を考え「土俵以外での力士の姿を見せよう」と思い立った。当時、広報部長だった八角親方もそれを許可し、この年の9月場所から行動に移した。

 最初にやったことは、本場所中にたった一人でカメラを持ち、関取衆が場所入りする際の着物姿の撮影だった。「テレビで大相撲を見てくださる方は、基本的には土俵の上の姿しか知らない。だから、土俵以外の姿を見せたかった」。

 ツイッターにそれをアップするとフォロワーが着実に増えていく。本場所だけでなく巡業にも足を運び、力士の素顔をファンに提供した。目標の1万人は、2か月後に達成。

「自分一人で始めたことがこんなに早く目標が達成できるなんて想像以上。テレビでも紹介されて、ツイッターの認知度が高まっていき、大きな変化を感じました」と振り返る。

 今年の11月にはフォロワーが遂に6万人を突破し、今では「ツイッターから相撲に興味を持ち、見に行くようになりました」という新たなファンを獲得。さらに「〇万人突破」という節目には、抽選で応募したファンと力士がふれあうイベントを開催している。6万人突破の時は38歳のベテラン、十両・若の里が先生となる相撲史の講演を企画した。抽選で集まった170人のファンを前に、力士自身が経験談を踏まえた相撲の歴史について講義した。波及効果も抜群で、ニコニコ動画生放送では約2万人が視聴するなど、新たなファン層拡大に貢献している。

 加藤さんのアイデアは、ツイッターだけではない。東京場所のチケット販売もそうだ。昨年まで券売で伸び悩みが顕著だったのが平日の4人マスB席(1人10600円)と4人マスC席(同9500円)。そこで企画したのが特典付きチケットだった。

 昨年秋にマスB席に相撲部屋の朝稽古見学、貴乃花親方と記念撮影ができるチケットを付けて販売。また、"和装day"と題し和服で来場した観客には、先着で手ぬぐいなどをプレゼントするサービスも始めた。斬新な企画のチケットは、多くの媒体が取り上げるなど話題も呼び、売り上げが落ち込んでいたマスBとマスCは、今年の秋場所では1年前と比べ、2倍、3倍の売り上げを記録した。
 
 加藤さんは言う。「これまでは観戦者の30%が60代以上の方々。もっと30代前後の方々にも見に来ていただきたい。そのためには、相撲を見るだけという"受動的な"観戦ではなく、来てくれた方々が親方と触れ合えるなど、お客さまが自ら動いて参加できる"能動的な"観戦方法にしていきたいんです。国技館に行けば何かおもしろいよっていうことが、口コミで広まればうれしいです」。

 イメージは国技館のテーマパーク化だ。相撲を見るだけでなくファンがさらに楽しめるように、昨年夏場所には元小結・高見盛の振分親方が来場者とハイタッチする企画を実施した。また、人気の遠藤が女性ファンをお姫様抱っこする企画は大きな話題に。あまりの人気に抱っこしている写真を記念撮影用のパネル(1ページ目写真参照)にしたほど。本場所中は今でもそこに行列ができている。

 今後もLINEスタンプを製作したり、初場所では館内にガチャガチャも設置するなど、新たな企画が次々と控えている。

 相撲人気回復の裏側には、斬新なアイデアを生み、行動している31歳の女性職員の存在があった。親方が絶対的な権力の以前の相撲協会なら、恐らく職員がアイデアを出しても通ることはなかったはず。それが劇的に変わった。加藤さんの奮闘は、オープンになった相撲協会の象徴と言える。

 北の湖理事長は「若い人たちには若い人しか分からない感覚があります。そういう我々が分からない範囲でいいものは、積極的にやってもらっています」と明かす。事業部長の八角親方も「まずアイデアを上げてもらって、いいものはどんどんやっていく姿勢です」と追随する。

 聞けば、加藤さんは22歳で飲食関係の仕事を辞めて転職サイトを見て相撲協会に入ったが、それまで相撲はほとんど見たことがなかったそう。それがツイッターで力士と触れ合うようになり、大相撲の素晴らしさ、歴史と伝統の大切さを実感したという。

「まったく相撲に興味がなかった私も実際に触れ合うと、これほど素晴らしいものなのかと日々、感じることがあります」。先入観なくファンの気持ちに近いからこそ。"遠藤にお姫様抱っこ"などの大胆な企画が生まれるのだろう。

 また「相撲観戦で、家族みんなが忘れられない思い出を作ってほしい」。そんな思いから横綱、大関に赤ちゃんを抱っこしてもらえる入場券を発案。女性ならではのぬくもりのある企画に、参加者から「涙が出るほど感動しました」との声をもらったことも。「家族の団欒(だんらん)の中で、少しでも相撲が話題に上がれば、こんなにうれしいことはありません」。

 莫大な赤字で危機に瀕した大相撲を内側から見ていた加藤さんは「当時、このままだと相撲がなくなってしまうんじゃないかと思っていました。職員として、こんな素晴らしい伝統をなくしていいものかと。何とか次の世代に、この大相撲を今の形で渡して行きたい。そんな思いで日々、頑張っています」と明かす。

 八角親方は言う。「国技館の中は江戸時代。昔ながらの雰囲気で一切、演出はしない。他では見られないこの空気が大相撲の最大の長所だと思います。でも、一歩、国技館の外を出たら、いろいろと楽しめるものがある。これが理想の形です」。

 いま、親方と職員の思いはガップリ四つに組んで一致。ともにファンサービスに汗を流している。来年の初場所も前売り段階で連日、売り切れが続出している大相撲。あとは、土俵で力士が手に汗握る熱戦を展開するだけだ。

 大相撲一月場所は1月11日(日)〜25日(日)、両国国技館で行なわれる。

福留崇広●文 text by Fukutome Takahiro