柔道の高藤直寿 井上康生監督を坊主にさせた「泥酔癖」と絶縁を決意

ざっくり言うと

  • 柔道男子60キロ級代表の高藤直寿が、泥酔癖に絶縁状を叩きつけた
  • 出場停止処分を受けた際は、井上康生監督が責任を取り、丸刈りになる騒動も
  • 4日の合宿から代表に復帰した高藤は「もう泥酔しません」と決意表明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング