【12月特集 アスリート、現役続行と引退の波間 (17)】

 2014年度の締めくくりである皇后杯決勝が小雪舞う寒さの元日に行なわれ、日テレ・ベレーザが5年ぶりの頂点に立った。

 2014年なでしこリーグ年間女王の浦和レッズレディースとの決勝は、先手を奪おうとする浦和のタテへ速い攻撃と、それを高い集中力で切り続けるベレーザとの攻防が繰り広げられた。スコアを動かしたのはベレーザ。19分、FW田中美南が落としたボールをMF籾木結花がシュート。こぼれたところを田中が押し込んだ。

 この日のベレーザは一味違った。攻守において、互いの距離感が抜群。特に守備においては、浦和のアタッカーが裏への飛び出しを見せると、すぐさまサンドするべく近場の選手が侵入に応じて寄っていき、スライドしていく。

 最終的には、たとえ抜かれてもサイドバックまでがしっかりとケアに入り、何重にも守備網を張る。同時に、攻撃でもその距離感は生かされた。こうなっては、浦和も崩しきれない。後半の途中からややリズムを崩す場面があったが、田中の1ゴールがそのまま決勝点となり、ベレーザが5年ぶりの優勝を手にした。

 今季、ベストパフォーマンスと言ってもいいサッカーを決勝で見せたベレーザ。選手たちの原動力になったのは小林弥生の存在だった。

 日本女子サッカーの繁栄も衰退も復活も、その渦のど真ん中で支えてきたベテラン選手。 ケガも多く、"国立の奇跡"(※)を経て掴んだアテネオリンピックには出場したが、北京オリンピックへ再スタートを切った2005年、左膝前十字靭帯損傷を負う。悲劇は続き、リハビリを終えた翌年、代表復帰を果たした小林だったが、合宿前日、今度は逆足の右膝前十字靭帯を損傷。このときは前十字のみならず、後十字と、半月板までにも傷は及んだ。そして3年前の2012年、再び左膝前十字と半月板を損傷。普通なら、ここで引退を選んでも誰も咎(とが)めはしないだろう。
※2000年のシドニーオリンピック出場を逃し、低迷期にあったなでしこが北朝鮮に3−0で勝利した試合

 しかし、小林はこのとき、「31歳でもう一回、あのリハビリ......辛かった。でも、担架で運ばれてピッチを去るのが最後っていうのは絶対にイヤだった」と続ける道を選んだ。

 そんな彼女が33歳を迎えた今季、"引退"の決断を下した。今季も数多くの選手が引退の道を選んでいるが、小林のそれは他の選手とはかなり異なる決断だった。

 まずは引退を伝えた時期。今季の頭に引退の意思をチームメイトに伝えていた。これまで引退していく選手のほとんどが、皇后杯前に発表するため、そういう選手を送り出すときは、彼女自身、限りある残された時間にやりきれなさがあったという。だからこそ、早い時期に伝えることを選んだ。今季の小林は、コンディションが最高。ポジションも中盤だけではなくトップもこなし、新たな引き出しも発見。スピードも上がり、プレイの幅も広がった。それでも、小林が"引退"を決めたのには、チームに残したいものがあったからだ。

 ここ数年、転換期を迎えているベレーザ。2011年に澤穂希、近賀ゆかり、大野忍、南山千明ら主力がINAC神戸レオネッサに移籍したことで戦力は大幅にダウン。中堅選手だけでは埋めきれず、下部組織のメニーナから選手を引き揚げ、とても段階的とは言えない世代交代を余儀なくされた。現在のスタメンは半分以上が20歳以下という若いチーム。大人のサッカーへの転換を、結果を出しながら遂行しなければならない。若いチームにとって小林は、その存在こそがなくてはならないものだった。

 出られない試合でも、練習でも、やりたくないフィジカルトレーニングでも、走り込みでも常に声を出し、周りを鼓舞し、誰よりも努力をする。そして、感情表現が豊かなのも小林の個性だ。

 彼女の引退について多くの選手から話を聞いたが、ほぼ全員から"笑顔"というキーワードが出てくる。それほど、小林の笑顔は周りに力を与えてきた。と、同時に彼女は悔しさも、憤りも、楽しさも、その感情すべてをきちんと表現する。"昭和"な時代にはよく見かけたが、昨今ではこんな選手は本当に少なくなった。感情表現の乏しい若い選手は、コミュニケーション下手が多い。しかし、サッカーはチームプレイ。ポーカーフェイスと言えば聞こえはいいが、それで意志の疎通が滞(とどこお)るならば美徳とはいえない。

 "昭和"な小林は、感情のこもったプレイでストレートにサッカーを表現する。常にプレイのそこにあるのは"熱さ"だ。小林はサッカー人生最後の大仕事として、若いチームにサッカーの厳しさと同時に、責任感を植え付けようと決めた。

「日常では、練習中の言葉だったり、自分が伝えたくて見せているはずのプレイも、全部サーって通り過ぎて行っちゃうんです。だから、来年には私はいなくなるんだよ? 大丈夫? って意識してもらうことが重要だった。引退を決めて、1年かけてこの子たちに伝えて行こうっていう覚悟があった」

 小林が引退を決めたとき、チームは安心してピッチを去れる状況とは程遠いところにあった。1年では何も変わらないかもしれない。それでも、小林は大事な最後の1年に懸けたのだ。

 チームとして、とても好調だとはいえなかったレギュラーシリーズ。リーグ中盤では3連敗(※)を喫した。途中出場ながら必死にボールを追った小林。試合後、寺谷真弓監督からゲキがとんだ。
※4月の4節から6月の6節まで

「弥生の姿を見たか? あれが戦う姿勢だ!」

 このときは、まだ想いが伝わり切っていなかった。

 その後、代表選手がアジアカップ(5月14日〜25日)を戦うためにチームを離れている期間中も、小林は若い選手たちと走り込みをし、練習でも自分の背中と言葉で伝え続けた。

「弥生さんが声をかけてくれたから成長できた。自分がキツイときとか弥生さんの声に励まされました」とはMF長谷川唯(17歳)。若い世代にもしっかりと伝わっている。

 決勝戦では、小林の引退に対する動揺も、焦りもなく、ただ彼女への想いだけが選手たちを突き動かした。ラスト15分。躍起になってゴールを狙うベレーザの選手たち。この時の彼女たちの敵はもはや浦和ではなかった。1−0という最小リードのままでは、小林の出番の可能性は少ない。あと1点――。小林をなんとしても、ピッチに立たせるためにボールに想いを込めていた。その願いは叶わなかったが、優勝が決まった瞬間、小林の目から涙があふれ出た。

「もう泣いてもいいや、泣こうって(笑)」(小林)

 ピッチに立っていなくても、ここまで満たされるラストゲームがあることを初めて知った。

「私は8回も選手権(皇后杯)で優勝させてもらったけど、タイトルを知らない子たちがほとんどだから、結果が欲しかった。辛かったし、苦しかった。でも最後にこの景色を残してくれてたんだって思ったら、苦しいこともがんばってよかったって思える。みんなの想いが伝わってくるプレイだったし、ピッチに私もいそうな感じだったでしょ?(笑)やり抜いて、やり尽くして、残し尽くした。だからね、あとはみんなに任せたよ!って。優勝で終われるなんて幸せだと思ってます」

 この日、18年間袖を通してきた緑のユニフォームを脱いだ。引退という自身にとっても特別な年でさえ、彼女のサッカー人生18年のすべてとともに愛すべきベレーザというチームの成長に注いだ。これが彼女の考え抜いた去り方、いや、残し方というべきか。小林弥生の誇りを見た気がした。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko