【特集 アスリート、現役続行と引退の波間 (14)】

 山郷のぞみ(ASエルフィンさいたま)が今シーズンでピッチを去った。

 日本女子代表として96試合、なでしこリーグでは前人未到の326試合ゴールを守り抜いた。高校からサッカーを始めた遅咲きながら、1997年に代表入りを果たす。しかし、2000年のシドニーオリンピック出場は逃した。その後訪れた日本女子サッカーの低迷期を支えたが、北京オリンピックメンバーから落選するなどの苦労も経験。そこを乗り越え、再びドイツワールドカップで代表に選出され、世界制覇――本当に多くの試練が山郷を待ち受けていた。

 選手ひとりひとり、それぞれの色があり、それがまた見るものを惹きつける。それでも、彼女が歩んだ道はとりわけ多くの彩(いろど)りに満ちていたように思う。

 最後のゲームとなったのは12月14日、皇后杯3回戦、伊賀FCくノ一戦。対戦相手が最初に所属した伊賀だったことにも運命を感じる。DFのポジションや、マークの確認、目まぐるしく変わっていく戦況を的確に味方に伝えていく山郷。エルフェンの攻勢でゲームが進むが、警戒していた相手FWミューウィに2失点を喫す。後半1点を返すも、残り3分でダメ押しとなる3点目を入れられてしまった。この最後の1失点を山郷は何度も悔しがった。

「相手の方が周りが見えてたし、自分から1対1を仕掛けてしまった。食いついちゃった!って感じ。あ〜なんでもっと我慢できなかったんだろう」(山郷)

 最後の試合までいつもと同じ温度でプレイを分析する。実に彼女らしいと思わずにはいられない。

 この試合のわずか5日前に山郷は引退を発表した。本当にギリギリまで"引退"という気持ちはなかったという。そのきっかけとなったのは、この2年間ともに戦ってきた松田岳夫監督辞任のニュースだった。強豪である日テレ・ベレーザを始め、東京ヴェルディ1969など男子トップチームの監督を歴任してきた松田監督。澤穂希(INAC神戸)、大儀見優季(チェルシーLFC/イングランド)らも彼の影響を大きく受けた選手たちだ。その松田監督が、今季でチームを去ることになった。この事実が、山郷に改めて"今後"を考えさせた。

「松田さんの指導で、知らなかったことがまだまだあったんだって気づかされた。ボール1個のもらい方で世界は変わるし、仕掛け方も変わる。経験してるって思いがちだけど、自分の経験がすべてだって思えないくらい、(松田さんのサッカーは)面白かった」

 2年間、まだまだ未熟なチームを押し上げようと夢中で取り組んだ。チームもようやくカラーが出始めた矢先のことだった。

「松田さんが辞めるからっていうんじゃない。だけど、自分でじゃあ来季どうするかなって考えたときに、こういうサッカーを知ったから、違う目標ができたというか、指導者に方向を変えてがんばりたいっていう映像が浮かんだ。いいきっかけだったと思う。じゃないと、ずーっとやりたいって思っちゃうから(笑)」

 松田監督も「体力的にも、感覚的にも選手としてまだまだやれる。それでも、これが彼女の決断ですから」と、彼女の意思を尊重した。

 引退を迎えた今、思い起こすこととして山郷が挙げたのが、2004年の"国立の奇跡"と語り継がれるアテネオリンピック予選の北朝鮮戦だ。澤らとともに20代前半という若いチームで臨んだ1999年のワールドカップアメリカ大会。翌年のシドニーオリンピックの予選を兼ねていたワールドカップでグループリーグ敗退に終わった日本は、同時にオリンピック出場権を逃すことになった。当時、日本は不景気まっただ中。マイナースポーツにとってオリンピック出場を逃すことは、とてつもなく大きな痛手となった。日本女子サッカーリーグやチームから次々とスポンサーが撤退し、一時はリーグの存続すら危ぶまれた。

「女子サッカーを自分たちの結果で不況にさせてしまった環境から、もう一回自分たちの力で女子サッカー界を変えたのが(2004年の)北朝鮮との試合だった。純粋に自分たちのしでかしたことの責任を取ろうって本気で取り組んだ時間だった」

 それは今のなでしこジャパンにも通じる精神が育まれた時間でもあった。

 今でも忘れられない山郷の姿がある。北京オリンピックメンバーから落選した直後の合宿での姿だ。バックアップメンバーの彼女もその合宿に参加していた。周りは未だ山郷落選のショックから立ち直ってはいなかった。そんな中、進んで行った合宿。そこには必死に気持ちを切り替えようと、黙々と練習する山郷がいた。その背中が今でも忘れられない。一度、山郷はここで引退を考えている。それを押しとどめたのは、あの合宿で見送った仲間たちの北京での戦いだった。

「もう一度あのピッチにみんなと立ちたいと思わせてくれる戦いの数々だった」と山郷も振り返っている北京オリンピックで、なでしこジャパンは世界大会で初の4位入賞を果たした。

 そして、再び山郷はなでしこのピッチに戻ってくる。一度は去ろうとした場所に戻るため、「一度キャリアを思い切って捨てることにした。重ねてきた経験が変に邪魔してる気がした」と決意してから、その信念はピッチを去る瞬間まで揺らぐことはなかった。

 2011年、ドイツW杯でついに世界一にまでのぼりつめた。壁を突き破った山郷は、繊細さと豪快さ、優しさと厳しさを持つ守護神へと成長していた。その背を追ってきた福元美穂、海堀あゆみら後輩GKらはもちろん、同じピッチに立つフィールドプレイヤーまでもが無限のリスペクトを抱くまでの存在になった。はた目にも試練の多い道に見えた山郷のサッカー人生。理屈ではない。彼女の生き様がストレートに選手たちの心に響いているのだろう。
 
「山郷!山郷!」

 最後の挨拶を終えたとき、エルフェンのサポーターだけでなく、伊賀のサポーターからもコールが響く。スタンドからは惜しみない拍手が沸き起こった。「ごめんなさい」と号泣するチームメイトの薊理絵(あざみ りえ)の頭をなでる山郷の目には涙が浮かんでいた。

「サッカー人生に悔いはないけど、最後のゴールキーピングには後悔がある。私もまだまだだな(笑)」とスッキリとした表情を見せた山郷。"お疲れさま"という想いも大きく膨らむが、新たな道へ踏み出す彼女を、やっぱりこの言葉で送り出したいと思う――「ありがとう」。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko